人生に、もふもふを。

アフリカで初めて発見された、野生のスナネコの子猫達。3兄弟の可愛い仕草に心がポカポカ温まる (*´ω`*)

0

フランスの野生動物調査チーム『パンテラ』に所属するグレゴリー・ブレトンさんが、4年間の地道な調査の末、ついにアフリカで初めてスナネコの子猫達をカメラに収めることに成功しました。スナネコの子猫達は6〜8週齢で、茂みの中で母親の帰りを待っていたそうです。

スナネコの子猫出典:Panthera

その日、グレゴリーさんはモロッコのサハラ砂漠でスナネコを探していたのですが、残念ながら姿を見つけることができませんでした。そのためキャンプ地へと戻っていると、その途中で暗闇に光る3組の目に気づいたのです。それはとっても愛らしい3匹のスナネコの子猫達でした!

見つめるスナネコ出典:Panthera

スナネコは砂漠で暮らす唯一の猫です。スナネコが成長すると体長が50cm、体重は1.5〜3kgほどになります。イエネコと比べると顔が横に長く、大きな耳を持っています。生息域はエジプトのナイル川の東から中央アジアの砂漠地帯だけと考えられてきました。

また、個体数は非常に少なく、絶滅危惧種にも指定されています。とても臆病な性格で夜にしか活動しないことから、なかなか人間の前に姿を現さず、生態は謎に満ちているそうです。

3匹のスナネコ出典:Panthera

グレゴリーさんはこれまでにモロッコを4回訪れていましたが、全く発見することができなかったそうです。

5回目の今回も滞在して9日目までは何の兆候もありませんでした。しかし、この子猫達を発見してからは他のスナネコにも次々に出会うことができ、結局今回の調査で29匹もの生存を確認することができました。また、そのうちの13匹には調査のための発信器をつけることに成功したそうです。

可愛いスナネコ出典:Panthera

これまでにナイル川の西ではスナネコが確認されていませんでしたが、今回の調査でスナネコの生息域が塗り替えられました。きっとこれからの調査で、スナネコの謎に包まれた生態が少しずつ解明されていくことでしょう。

スナネコの子猫の貴重な姿はこちら。

子猫達の愛らしい姿に自然と心が癒されますね(*´ω`*)

この猫の記事を友達にシェアしよう