人生に、もふもふを。

雪と氷に覆われながら、お腹の中の子猫達を寒さから守っていた猫。保護先で子猫達を立派に育て、ついに夢を実現させる!

0

今年の2月、雪の中を車を運転していた人が、道路脇で1匹のサビ猫の姿を発見しました。猫は雪と氷に覆われていて、丸くなりながら必死に身体を温めようとしていました。

「猫を発見した人はすぐに寒さの中から猫を助け出しました。猫はとても友好的で甘く、抱えられるとゴロゴロと喉を鳴らし始めました」と保護施設『キャッツニップEtc』のミッシー・マクニールさんが言いました。

翌日、猫はニッシーさんの家へとやって来ました。猫がこれまでどのような生活を送ってきたかは分かりませんが、猫の身体にはいくつもの引っかき傷があり、足の爪に怪我を負っていました。

施設のスタッフ達は猫に『カミラ』と名づけました。カミラはとても人間慣れしていて、出会う人全てに抱っこを要求してきました。そして保護の2日後、カミラは安全で暖かい家の中で、4匹の元気な子猫を出産しました。

カミラは子猫達にたくさんの愛情を注ぎ、全ての要求に応えました。「出産の日、カミラは子猫達を必死に守ろうとしていました。でも私達が子猫達の世話をしようとしていることに気づくと、子猫達を触らせてくれるようになりました。」

カミラは体重が不足していて、全ての子猫達を育てるための十分なミルクを作り出せていませんでした。そのためミッシーさんは子猫達がお腹をいっぱいに満たせるように、足りない分のミルクを子猫達に飲ませ始めました。

「発見された時、カミラは栄養不足でとても痩せ細っていました。彼女は子猫達に助けが必要なことを知っていて、私達のサポートにとても感謝しているようでした。」

『ココ』『コーラ』『シャネル』『カール』と名づけられた子猫達は、毎回お腹をいっぱいに満たし、温かい愛情に満足していました。またカミラもたくさんのご飯を食べて、体重を増やし始めました。カミラは食事中も子猫達のことを気にしていて、常に子猫達を見守っていました。

「子猫達が生後約4週半になると、それぞれの個性が現れ始めました。子猫達はいつも部屋の中で元気に過ごしていて、キャットツリーにも登れるようになりました。」

カミラはそんな子猫達の姿を見ながら、安全な家の中で子育てができることにとても満足しているようでした。

その後、子猫達が十分に大きくなると、カミラは人間と一緒に過ごす時間が長くなりました。初めから人間好きだったカミラは、みんなの気を引くためにおねだりをして、人間から注がれる全ての愛情を吸収していきました。

ミッシーさんの元で十分に成長した子猫達は、次々と生涯の家へと旅立って行きました。そしてカミラも保護施設に戻って、新しい里親さんが現れるのをガラス越しに待っていました。

しかし、カミラの前にはなかなか里親さんが現れませんでした。保護施設にいる猫達が次々と引き取られていく中、カミラだけはずっと施設内に留まり続けたのです。

そんな中、ある家族がカミラに目を止め、とっても甘えん坊なカミラの姿に一瞬で夢中になりました。

そして保護されてから3ヶ月半後、ついにカミラの夢は実現しました!

「カミラは現在、新しい家の王女様になっていて、いつも家族にたくさんの愛情を求めています」とミッシーさんが嬉しそうに話してくれました。

こうして寒さの中でお腹の子猫達を守っていたカミラは、ついに新しい人生を歩み始めることができました。カミラはこれからも家族の愛情をたくさん受け取りながら、幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう!
出典:catsnipetclovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう