人生に、もふもふを。

お互いの子供達を一緒に育てる姉妹猫。保護先の安全な家でも強い絆を共有し、大切な子供達にたくさんの愛情を注ぎ続ける

0

ある日、姉妹猫の『メープル』と『ウィロー』が地元の保護施設『パーフェクト・パスル・キャット・サンクチュアリ』にやって来ました。ふたりにはお互いにたくさんの子猫達がいて、養育主さんの世話を必要としていました。

「ふたりの前の飼い主は、ふたりを世話することができなくなったため、妊娠中だったふたりを近くの保護施設に連れてきました。ふたりはそこで子猫達を出産して、私達の施設へとやって来ました」と施設のスタッフが言いました。

その後、ふたりと子猫達は養育ボランティアのキンドラさんの家で養育されることになりました。猫の親子を預かったキンドラさんは、すぐにメープルとウィローが強い絆を共有していて、お互いの子猫達を我が子のように想っていることに気づきました。

「ふたりは強い絆で結ばれていて、お互いにとても優しい性格の持ち主です。ふたりは一緒に子猫達を育てていて、全ての子猫達をしっかりと世話しています。」

キンドラさんが猫達のための共有スペースを作ると、ふたりはすぐに寄り添い合って、子猫達を抱きかかえながらミルクを飲ませ始めました。

ふたりはたくさんのことを要求をしてくる子猫達のために、ずっと子猫達のそばに留まり続けました。ふたりはチームになって子猫達を世話し、子猫達にたくさんの愛情を注ぎ続けています。

そんなふたりのおかげで子猫達はすくすくと成長し、次第に自立するようになっていきました。するとふたりは自然と多くの休憩を取るようになりましたが、子猫達が声を上げるとすぐに助けに向かいました。

こちらはふたりが窓辺に座って、太陽が沈んでいくのを見守っている様子です。

「メープルとウィローはすっかり家の中での生活に慣れて、ご飯の時間になるといつもドアのところで私が入ってくるのを待っています。」

完全に切り離すことのできないふたりは全てのことを一緒に行います。ふたりはお互いのことを毛づくろいをして、一緒にご飯を食べて、一緒に部屋の中を歩き回ります。

また、ふたりは子猫達に猫として生きていくために必要なことを教えています。こちらはウィローが子猫達に遊び方を教えている様子です。

「メープルとウィローの絆は非常に特別なものです。ふたりはお互いに夢中で、お互いのことを心から愛しています。」

そんなふたりとキンドラさんのおかげで、子猫達は飛躍的に成長を続けました。

「子猫達はとても甘えん坊で、走り回っていない時はいつでも抱きしめることができます。特にアッシュ、オークリー、セージは膝の上が大好きです。そしてメドウ、アスペン、アイビーはいつも一緒に過ごしています。ジュニパーとローワンは少し内向的な性格で、ひとりでいることが好きなようです。」

子猫達は生後約10週齢を迎え、随分と大きく成長しました。子猫達はふたりのお母さんから様々な猫のスキルを学んで、日々の生活の中でスキルを磨いているそうです。

一方、子育ての時間が減ったふたりは自然と好奇心が旺盛になり、まるで子猫に戻ったかのように、家の中にある様々なオモチャで遊ぶようになったそうです。

「私はこんなに強く結びついた姉妹を見ることができてとても幸せです。ふたりはこれからも同じ里親さんの元で暮らしながら、いつまでも一緒に幸せな毎日を送っていくことでしょう」とキンドラさんは嬉しそうに話してくれました。
出典:pnw_fosterslovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう