人生に、もふもふを。

前足がねじれた状態で生まれた子猫。母猫に励まされながら歩くことを学び、ついに4本の足で歩けるようになる!

0

約1ヶ月前、保護されたキジトラ猫が保護施設で5匹の子猫を出産しました。その中の1匹で『ダブ』と名づけられた子猫は、生まれた時から前足がねじれていました。

その後、猫の親子は別の保護施設『オレゴン・フレンズ・オブ・シェルター・アニマルズ』へと運ばれました。「母猫の『カリオペ』と彼女の子供達は、保護施設を通して私の家へとやって来ました」と養育ボランティアのアンジェラさんが言いました。

「ダブは5匹の中で最も小さな子猫でした。彼女のねじれた足は兄弟と母乳の取り合いをする時にとても不利になっていました。」

アンジェラさんはその様子を見て、すぐに行動を起こしました。アンジェラさんは兄弟が眠っている時にダブとカリオペだけの時間を作って、ダブが十分にミルクを飲めるようにしたのです。そんなアンジェラさんのおかげで、ダブは体重を増やし始めることができました。

ダブが着実に成長している間、アンジェラさんはダブの足の可動域を改善するために、物理療法とストレッチを行いました。「私は熱を加えながら優しくマッサージをして、ダブの前足を伸ばしました。」

「ダブはとても甘くて愛情深い子猫です。彼女はストレッチが終わるといつも決まって私の手の中で眠りにつきます。」

ダブは兄弟と同じことができるようになろうと決心していました。ダブは兄弟が寝床から冒険に出られるようになるとすぐに、自分も外に出ることを主張しました。ダブの足の速さは少し遅いですが、何もダブの歩みを止めることはできないのです。

ダブはねじれた前足を上手に使って前進しました。そしてカリオペはダブを励ましているかのように、ダブに向かって何度も話しかけました。

「カリオペはとてもおしゃべりな猫です。彼女はダブが歩く練習を始めると、まるで応援するかのように鳴き始めます。」

「カリオペはとても思いやりがあり、子猫がそばから離れようとすると鳴き始めます。ご飯を食べている時も食事を途中でストップして、子猫達が清潔でお腹を空かせていないかを確認します。」

その後、アンジェラさんの治療のおかげでダブの前足は随分と真っ直ぐになり、可動域が大幅に改善されました。

「ダブは他の子猫達と同じように歩いたり、走ったり、遊んだりすることができるようになりました。痛みも全くありません。今でも少し他の子猫達とは違っているように見えますが、それは問題のない範囲です。彼女は幸せな女の子で、自分の人生を最大限に楽しんでいます。」

「ダブは兄弟よりも歩き方を学ぶのに時間がかかりましたが、練習を重ねることで筋力が随分と増加しました。今の彼女はオモチャを追いかけたり、遊び回ったりするのが大好きです。」

カリオペはそんなダブのことをとても誇りに思っていて、ダブがたくさん運動をした後は、いつもダブのことを抱きかかえて、全身をしっかりと毛づくろいしてあげるそうです。

「ダブはとても強い意志を持っていて、決して諦めることはありません。彼女は治療に励み、お母さんの応援を受けて、兄弟と同じことができるようになりました」とアンジェラさんが話してくれました。

こうして前足がねじれた状態で生まれてきたダブは、アンジェラさんやカリオペのおかげで上手に歩き回ることができるようになりました。これからもダブはたくさんの愛情を受け取りながら、元気いっぱいに成長していくことでしょう(*´ω`*)
出典:fosteringlove.pdxlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう