人生に、もふもふを。

動かなくなっていた迷子の子猫を見つけ、自宅へと連れて帰った犬。まるで我が子のように育て始め、3年が経つと (*´ェ`*)

0

3年前、リアさんが愛犬の『オピー』を散歩させていると、突然オピーが何かを発見し、リアさんを強く引っ張り始めました。

「オピーは家の裏で子猫を見つけました。子猫は全く動かなかったため、私は死んでいると思いました。しかし、オピーは子猫のそばから離れようとしませんでした」とリアさんが言いました。

リアさんは子猫を慎重に抱えました。するとオピーが子猫を隅々まで調べ始め、子猫が生きていることを確認したのです。

「私は子猫を自宅に連れ帰った後、お風呂で全身をキレイにし、獣医さんのところへと連れて行きました。幸いなことに病院から帰宅する頃には、子猫の体調は随分と良くなっていました。」

帰宅したリアさんは子猫のために箱でベッドを作りました。子猫はとても体力を消耗していたようで、その日の夜は1度も目を覚ますことなく眠り続けたそうです。

リアさんは保護した子猫に『ロスコー』と名づけ、24時間の世話を始めました。また、愛犬のオピーはいつもロスコーのことを気にかけていて、リアさんと一緒に子守りをしてくれたそうです。

そして10日後、ロスコーはついに目を開きました。ロスコーはこの時初めて、助けてくれたオピーとリアさんの姿を見ることができたのです。

「ロスコーはミルクの後でオピーに抱きしめられるのが大好きです。オピーもロスコーといるのが大好きで、いつもロスコーを自分のベッドに連れて行き、幸せそうに一緒に昼寝を始めます。」

どうやらオピーはロスコーのことを自分の息子のように思っているようです♪

小さかったロスコーは日に日に大きく、強くなっていきました。

ロスコーは家の中でたくさんの友達を作りました。

でもやっぱりロスコーが一番好きなのは、ずっとそばにいてくれるオピーなのです。ふたりはいつも一緒に寄り添いながら、楽しい時間を過ごしています。

ふたりはお互いのことを最高の家族だと思っているのです(*´ェ`*)

そして保護から3年が過ぎました。すっかり大人になったロスコーですが、オピーへの気持ちは今でも全く変わっていないそうです♪

こうしてオピーに助けられたロスコーは、たくさんの愛情を注がれて大きく成長することができました。これからもふたりはピッタリと寄り添いながら、いつまでも幸せな時間を過ごしていくことでしょう♪
出典:Lia Spilkalovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう