人生に、もふもふを。

独りぼっちで彷徨っていたところを助け出された子猫。保護先で出会った優しい子猫達と意気投合し、幸せ兄弟の一員に!

0

ある日、『ジュール』という名前の3週齢の子猫が、地元の保護施設『AWLA』へとやって来ました。独りぼっちで保護されたジュールには、養育主さんの世話といつもそばにいてくれる友達が必要でした。

ローレン・ストリキュラさんがジュールに出会った時、ちょうど養育プログラムに参加している最中で、ジュールの望みを叶えてあげられるかもしれないと思いました。ローレンさんはジュールに出会う数週間前に、保護子猫の兄弟の『ジェイス』と『ジャッキー』を預かっていたのです。

最初の頃の兄弟はとても体調が悪く、食べることにも苦労していました。しかし、ローレンスさんが一日中世話を続けると、徐々に快方へと向かい始めたのです。「兄弟の状態が改善し始めるまでには数日がかかりました。でも一度状態が良くなると、急速に身体が回復していき、日に日に体重が増えていきました」とローレンさんが言いました。

一方のジュールはローレンさんの家に落ち着くと、お話し好きの子猫になりました。ジュールは小さな身体にもかかわらず、大きな声を持っていて、伝えたいことがあると躊躇なく話しかけてきました。

「ジュールは常に誰かに甘えたくて、毎日たくさんのことを要求してきました。彼女はブランケットに包まれるのが好きで、いつも魅力的な瞳で見つめてきます。」

その後、ジュールが他の猫と会う準備を整えると、ローレンさんはジュールをジェイスとジャッキーの部屋に連れていき、兄弟がジュールを受け入れてくれることを望みました。

すると兄弟はすぐにジュールのところへと歩み寄って、匂いを嗅ぎ始めました。そしてまるで今まで一緒にいたかのように、顔を舐め始めたのです。

愛らしい出会いの後、ジュールは優しい兄弟と一緒にレスリングを始めました。そしてその日の夜には、3匹で抱きしめ合いながら眠りについたのです。

3匹は美しい絆を築き、全てのことを一緒に行うようになりました。ジュールは3匹の中で一番幼いですが、兄弟のマネをしながら、いつも楽しそうに遊んでいるそうです。

とてもお話し好きのジュールはお腹が空くと、大きな声でローレンさんに訴えかけてきます。「ジュールは2つの小さな手で私の足を掴んで、大きな瞳で見上げながら『ご飯の時間を忘れてませんか?』と話しかけてきます。」

ローレンさんがご飯を用意すると、ジュールは一番最初にご飯を食べ始めます。どうやらジュールは兄弟が到着する前に、自分のお腹をいっぱいにしようとしているようです。ジュールはいつも両手で容器を固定しながら、口と鼻を豪快にご飯に押しつけて、勢いよくご飯を食べているそうです。

ちなみに兄弟はジュールの声がとても大きいため、いつも食事の主導権をジュールに譲っているそうです。

ジュールは少し前まで独りぼっちでしたが、兄弟との出会いで人生が大きく変わりました。兄弟はジュールのことを本当の妹のように思っていて、いつも優しく見守っているそうです。

ジュールは兄弟との暮らしが楽しくて、いつも元気いっぱいにはしゃぎ回っています。ジュールは部屋のいたるところで兄弟の後を追いかけて、遊び疲れると兄弟と一緒に夢の世界へと旅立っていくそうです(*´ω`*)
出典:our_fostering_tailslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう