人生に、もふもふを。

子猫の大きさのまま成長が止まってしまった猫。優しい人達のおかげで怪我を乗り越え、2年後に見せた姿に心が温まる

0

猫の『エスモアズ』は大人の猫ですが、身体のサイズは8週齢の子猫ほどしかありません。でも身体の小さなエスモアズは、誰にも負けないくらいの大きな心と強い意志を持っているのです。

エスモアズが事故によって頭部に外傷を負ったのは、生後6週目の時でした。エスモアズを診察した獣医さんには「もう長くはないだろう」と告げられましたが、保護団体『オッド・キャット・サンクチュアリ』のスタッフ達は決して諦めませんでした。

「エスモアズは別の場所に運ばれている最中に、キャリーごと落ちてしまいました。その後、彼女は歩くことも、ひとりで食べることもできなくなりました」とスタッフは言いました。

事故の後にエスモアズを引き取った保護団体は、今まで多くの高齢の猫や病気の猫などを迎えてきました。スタッフ達は生き残る確率が非常に低かったエスモアズを引き取り、献身的な看護を続けたのです。

「エスモアズはその後、何とか命を取り留めることができました。しかし、食べることも飲むこともできなかった彼女には、3ヶ月の間チューブで栄養を送り続けました。」

その後、エスモアズは少しずつですが元気を取り戻していきました。エスモアズの身体は事故以来ほとんど成長しなくなりましたが、確実に力強くなっていったのです。

「ゆっくりとですがエスモアズは回復の兆しを見せ始めました。最初はシリンジで水を飲み始め、容器に入った食べ物を舐め始めました。」

「そして速さはとても遅いですが、エスモアズは再び歩き始めました。怪我による影響のため、彼女はいつも左回りに歩いていました。」

その後もエスモアズは時間の経過とともに、食べたり飲んだりする能力を取り戻していき、他の猫と同様に自分ひとりで様々なことができるようになりました。

こちらは保護施設で友達に寄り添っているエスモアズの姿です。

成長が止まったエスモアズですが、いつも友達の猫達やスタッフ達に囲まれて、毎日に大きな幸せを感じているのです。

「エスモアズは私達の団体の代表によって引き取られたため、今はこの施設が彼女の永遠の家です。ここで彼女はみんなに愛され、甘やかされています。」

2歳を迎えた頃のエスモアズは体重がわずか900gほどしかありませんでしたが、いつも幸せと愛情に溢れていました。エスモアズは生きていることが嬉しくて、毎日幸せそうに喉を鳴らし続けているそうです。

「エスモアズは自分の人生を愛していて、他の猫や人間のことが大好きです。彼女は絶えず高い声で話しかけてきて、時々左に円を描きながら歩いています。彼女はいつも幸せを感じているようで、喉のゴロゴロが止まりません。」

こちらはエスモアズが話しかけてくる様子です。 (動画)

こうして死の淵から蘇ったエスモアズは、決して諦めなかったスタッフ達のおかげで、ついに元気を取り戻すことができました。エスモアズは食べることを学び、歩くことを学び、何でもひとりでできるようになったのです。

エスモアズは今、幸せに溢れています。エスモアズはこれからもたくさんの愛情を感じながら、幸せいっぱいに喉を鳴らし続けていくことでしょう(*´ω`*)
出典:meetsmores_and_tennesseelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう