人生に、もふもふを。

助けが来るまで、裏庭で子猫達を守り続けていた母猫。安全な家の中に安心すると、子猫達との幸せいっぱいの毎日が始まる

0

今月の初め、ニューヨークで活動を行う保護団体『リトル・ワンダラーズNYC』に、野良猫と4匹の子猫についての連絡が入りました。「猫の親子は荒れた裏庭で発見されました。親子は誰かの助けを必要としていました」とスタッフは言いました。

このエリアは幼い子猫達にとって安全な場所ではありませんでした。スタッフ達は一刻も早く親子を別の場所に避難させる必要があると感じました。そのためスタッフのアリアナさんが現場に駆けつけ、数時間の調査の末、ついに金属の囲いの隙間に親子の姿を発見しました。

アリアナさんは親子にゆっくりと近づいていきましたが、母猫はすぐに逃げ出してしまいました。そこでアリアナさんは先に子猫達を保護し、安全な場所へと連れていきました。そして母猫を捕まえるために、再び現場へと戻りました。

アリアナさんはその場所でしばらく待ちましたが、母猫は戻ってきませんでした。そこで食べ物の入った捕獲器を設置して、翌朝戻ってくることに決めました。

一方の子猫達は養育ボランティアのアントワネットさんの家に運ばれて、全身のノミを綺麗にし、たくさんのご飯を食べました。

子猫達はあまり人間のことを恐れておらず、すぐに室内生活にも慣れました。子猫達はみんな好奇心が旺盛で、身の回りのもので遊び始め、暖かいベッドに心を奪われました。

翌朝、アリアナさんが裏庭に戻ると、捕獲器に入った母猫の姿を見つけました。アリアナさんはすぐに母猫を保護すると、子猫達のところへと連れていきました。

アントワネットさんは母猫を落ち着かせるために、静かな部屋を用意しました。そして子猫達と再会させると、母猫はすぐに横になって子猫達にミルクを飲ませ始めました。

スタッフ達に『レモニー』と名づけられた母猫は、まだ人間のことを恐れていましたが、居心地の良い空間に快適さを感じるようになりました。レモニーは人間に触られない限り、怒ったりすることはないそうです。

「レモニーはここが安全な場所だと感じたようです。でも完全に人間に慣れるまでには、もう少し時間がかかりそうです」とアントワネットさんが言いました。

一方の子猫達は家の中ですくすくと成長しています。子猫達はみんな高いところが好きで、いつも元気いっぱいに高いところに登っているそうです。

「子猫達はオモチャとジャングルジムが大好きで、いつもみんなで一緒に遊んでいます。子猫達が何かを学んだり、探索している姿はとっても愛らしく、私の子供達もその姿を見るのが大好きです。」

「私は保護子猫達の養育を通して、子供達に色々なことを感じてもらえたらと思っています。幼い子猫達の世話はとてもハードですが、子供達にも手伝ってもらいながら、日々の成長を見守っています。」

4匹の子猫達はそれぞれ『スターリング(茶トラ)』、『シラス(灰色の鼻を持つシャム猫)』、『サットン(サバトラ)』、『サバンナ(灰色の鼻を持つシャム猫)』と名づけられました。

子猫達は日に日に成長を続けていて、保護から1週間が経つ頃にはキャットツリーを登れるようになり、部屋のあちこちを元気いっぱいに走り回るようになったそうです。

こうして子猫達と共に保護されたレモニーは、アリアナさんやアントワネットさんのおかげで、安全な場所で子育てを始めることができました。

家の中で暮らし始めた親子はもう、ご飯を求めて危険な路上を彷徨い歩く必要はありません。親子はこれからも安全な場所で過ごしながら、幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:littlewanderersnyclovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう