人生に、もふもふを。

残された妹のために鳴き続けた兄猫。再び保護施設に戻った女性が妹猫を連れて帰ると、毎日が驚くほど幸せいっぱいに!

0

ある日、2匹の子猫の兄妹が路上で見つかり、保護施設『ウィスコンシン・ヒューマン・ソサエティ』へと運ばれて来ました。兄猫は『アレス』(茶トラ)、そして妹猫は『アフロディーテ』(キジトラ)と名づけられました。

それから半月後、保護施設をアラナ・ハドリーさんと彼女の家族が訪れ、幼いアレスに出会いました。そして家族はみんなアレスの愛らしい姿に一目惚れしました。「アレスは以前亡くなった愛猫にそっくりでした」とアラナさんは言いました。

家族はアフロディーテの採用にも関心を持っていましたが、残念ながらアフロディーテは他の家族から里親申請を受けていたそうです。

その夜、新しい家で暮らし始めたアレスですが、アラナさんの腕の中で眠りにつくまで、ニャーニャーと大きな声で鳴き続けていました。「アレスは起きている間中、ずっと鳴き続けていました。私達は彼が妹のために鳴いているように感じました。」

アラナさんはそんなアレスのために、動物のぬいぐるみをプレゼントしたそうです。

翌日、家族は電話でアフロディーテの里親申請が解消されたことを知りました。そこでアラナさんはすぐに施設へと向かい、アフロディーテを引き取ってきたのです。

「それ以来、ふたりは遊ぶことを止めません。」

ふたりは毎日、部屋中を駆け回りながら、最高の時間を過ごしているそうです♪

「再会したふたりはとっても安心したようで、新しい環境にもすぐに慣れて、すっかり甘えん坊になりました。ふたりはいつも愛らしい姿で私達の気を引こうとしてきます。」

「ふたりはお互いを抱きしめるのが大好きで、いつも物凄い勢いで喉を鳴らしています。ふたりは1日のほとんどの時間を、寄り添いながら幸せそうに眠っています。」

そして、ふたりの強い絆は成猫になった今でも変わることはありません。家族はいつもふたりの寄り添う姿を見ながら、幸せな気持ちに包まれているそうです♪

こうして優しい家族のおかげでアレスとアフロディーテは再会し、同じ家で暮らすことができました。ふたりの幸せいっぱいの姿を見ていると、こちらまで幸せな気持ちになりますね(*´ω`*)
出典:DoorCountyHumaneSociety/Alana Hadley/lovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう