人生に、もふもふを。

自動車販売店のタイヤの中で生まれ、母猫に取り残されてしまった子猫達。優しい従業員達のおかげで全ての命が救われる!

0

ある日、ロサンゼルスの自動車販売店の近くに1匹の野良猫が姿を現しました。それから数週間後、販売店のスタッフ達はタイヤの中で生まれた子猫達の姿を発見しました。

母猫は人間のことをあまり信頼しておらず、誰も子猫達に近づかせようとはしませんでした。母猫はいつもたくさんの愛情を注ぎながら、子猫達を大切に育てていました。

しかしある日突然、母猫の姿が消えてしまったのです。何日も母猫の姿を見なかったスタッフ達は、子猫達のことが心配になり、動物に詳しい人に助けを求めました。

販売店のお客さんの一人に、地元の動物病院で働いているマギーさんがいました。スタッフ達は必死に鳴き続ける子猫達を助けるために、マギーさんに連絡をしました。

連絡を受けたマギーさんはすぐに子猫達を迎えにきて、地元の動物保護コミュニティーの助けを借りて、経験豊富な養育ボランティアのアシュリーさんを見つけることができました。

「子猫達はみんな体調が悪い状態でした。マギーさんは一番危険だった子猫をシャツに入れて、温め続けていました」とアシュリーさんは言いました。

アシュリーさんはその日の夜、子猫達を自宅に連れて帰り、タイヤの汚れを拭き取って、チューブを使ってご飯を食べさせ始めました。

幼い子猫達は救助までの2〜3日の間、何も食べ物を食べていませんでした。「私は子猫達の胃が新しい食べ物で混乱しないように、最初の夜は少しずつ2時間ごとにご飯を食べさせ続けました。」

それは大変なことでしたが、そのおかげで子猫達は徐々に体重を増やし始めたのです。

保護された6匹のうちの2匹は、他の兄弟よりも随分と小さな身体をしていました。そのためアシュリーさんは数日間、少し多めのご飯を2匹に与え続けたそうです。

保護から3日目の朝を迎えた時、アシュリーさんは子猫達の鳴き声で目を覚ましました。子猫達は随分と元気を取り戻し、大きな声でご飯を要求するようになったのです。

「最初の頃の子猫達はとても体重が不足していました。もし救助されるのが少しでも遅れていたら、命を失っていたかもしれません。」

6匹の子猫達を人工哺乳で育てるのは大変なことですが、アシュリーさんの献身的な看護で、全ての子猫が順調に育っているそうです。

その後もすくすくと成長を続けた子猫達は、保護から1週間で体重を2倍にしました。子猫達は完全に元気を取り戻し、里子に出るための準備を進めているそうです。

また子猫達の中で一番小さかった子猫も、無事に兄弟のサイズに追いつくことができたそうです。

「子猫達はタイヤの中で生まれたため、全員にタイヤの名前がつけられました。『ダンロップ』『クーパー』『ファルケン』『トーヨー』『ピレリ』『ミシュラン』と名づけられた子猫達は、毎日を元気いっぱいに過ごしています。」

最初の頃の子猫達は、みんなとても汚れていて非常に衰弱していました。しかし現在の子猫達は、毎日に大きな幸せを感じていて、いつも満足そうにふっくらとしたお腹を見せてくれているそうです。
出典:bruceandfoxfosterslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう