人生に、もふもふを。

雪の中でお互いのことを温め合っていた子猫達。保護先でもいつも一緒に過ごしながら、仲良く遊ぶ姿に心が温まる

0

数週間前、雪の中で寄り添い合う2匹の子猫が発見されました。子猫達を見つけた女性は、寒さの中に2匹を置き去りにすることができず、地元の保護施設『オッド・キャッツ・サンクチュアリ』に助けを求めました。

「女性はたくさんの雪を被っていた子猫達を見つけました。子猫達は5週齢で、お互いのことを守っていました」と保護施設のタラ・ケイさんは言いました。

施設に運び込まれた子猫達は、ここが安全な場所だと分かると、大きな音で喉をゴロゴロと鳴らし始めました。そして数分も経たないうちに、ハグ好きの子猫へと生まれ変わったのです。

子猫達はその後、施設のスタッフ達によって『ジングル』『ベル』と名づけられました。子猫達は強い絆を共有していて、お互いに遠くに離れることはありませんでした。

ベルはとても勇敢な性格で、いつもハグをしてもらうために誰にでも向かって行きました。一方のジングルは少し恥ずかしがり屋で、常にベルの後を追いかけながら、ベルのマネをしているそうです。

子猫達は暖かくて安全な家で過ごせるのが嬉しくて、いつも優しい養育主さんにたくさんの感謝を伝えています。

すぐに室内生活に順応した子猫達は、一緒にオモチャで遊び、部屋中を駆け回り、至る所でイタズラをしているそうです。

「ジングルとベルはとてもヤンチャな子猫達です。ふたりは抱きしめられるのが大好きで、いつも幸せそうに喉をゴロゴロと鳴らしています。」

今後数週間で子猫達は里子に出る準備を整えます。タラさんは子猫達がいつまでも幸せに暮らしていけるように、2匹を一緒に迎えてくれる里親さんを見つけようと考えているそうです。

現在、幸せな毎日を送っているジングルとベルは、保護主さんの家で別の保護子猫と出会いました。子猫達はすぐに仲良くなって、みんなで一緒に楽しい時間を過ごしているそうです。

子猫達はもう食べ物や避難場所の心配をする必要はありません。人間との生活を楽しみ始めた子猫達には、温かくて幸せいっぱいの未来が待っているのです(*´ω`*)
出典:theoddcatsanctuarylovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう