人生に、もふもふを。

森の中でお腹を空かせ、助けを求めて鳴いていたところを救出された子猫。保護から2年後の幸せいっぱいの姿に心が温まる

0

ある夫婦が自宅近くの森の中を歩いていると、独りぼっちの子猫の姿を発見しました。子猫はとてもお腹が空いていたようで、森の中でずっと鳴いていたそうです。夫婦はしばらくの間、子猫の母親を待ちましたが、戻ってくる気配はありませんでした。夫婦は可哀想な子猫をその場に残しておくことができず、自宅へと連れて帰ることに決めました。

こちらが保護当日の子猫の様子です。

夫婦はすぐに子猫を動物病院へと連れて行きました。そして獣医さんに診てもらったところ、子猫は健康でどこにも悪いところはなかったそうです。

子猫が母猫とはぐれてしまったのか、それとも誰かに置き去りにされてしまったのかは分かりませんが、独りになってからあまり時間が経たないうちに、偶然通りかかった夫婦に助けてもらうことができたのです。

夫婦は保護した子猫に『ライザ』と名づけました。

ライザはすぐに新しい家に慣れて、家族の一員になりました。夫婦はライザの可愛らしい姿を見るたびに、「この子と出会えて本当に良かった」と思っているそうです。

そして、2年が経ちました。
可愛らしかったライザは、すっかり美猫さんへと成長しました!

あの日、森の中で独り寂しく鳴いていたライザですが、偶然森を散歩していた夫婦との出会いで運命が大きく変わりました。もし夫婦があの場所を訪れていなかったら、ライザは今頃どうなっていたことでしょう。

今ではすっかり大人猫に成長し、幸せな日々を送っているライザ。これからも優しい夫婦と一緒に、充実した日々を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:ancklovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう