人生に、もふもふを。

氷のような冷たい身体で、藪の中から救い出された子猫。優しい人達の愛情で死の淵から蘇り、再び元気を取り戻す!

0

ある寒い日のこと、ラスベガスに住むマルティさんが、藪の中で生後間もない3匹の子猫を発見しました。このままでは子猫達が死んでしまうと感じたマルティさんは、地元で動物の保護活動を行なっているニッキーさんに助けを求めました。

「その日、犬の散歩をしていたマルティさんは、愛犬の後を追って薮の方へと向かいました。そしてそこで、まだヘソの緒がついたままの子猫を発見しました。その日はとても寒い日で、子猫達の身体は氷のように冷たくなっていました」とニッキーさんは言いました。

ニッキーさんは翌日まで遠くの町に出かけていたため、マルティさんにご飯の食べさせ方を教えました。マルティさんは言われた通りにペット用品店で必要なものを買ってきて、2時間おきに子猫達にご飯を食べさせてあげたそうです。マルティさんは翌朝まで一睡もせずに、子猫達の世話を続けました。

翌日、子猫達を引き取ったニッキーさんは、子猫達が保護された場所に捕獲器を設置しましたが、母猫が姿を見せることはありませんでした。

子猫達は生後24時間ほどしか経っておらず、とても衰弱していました。ニッキーさんは地元の保護施設に電話をして、ミルクが出る猫がいないかを確認しましたが、残念ながら見つからなかったそうです。

「私は全ての子猫を助けるために、あらゆることをする決心をしていました。」

ニッキーさんは子猫達に『パンケーキ』『スパッド』『ベーグル』という名前をつけました。ニッキーさんは子猫達の身体を温めながら、2時間おきにご飯を食べさせ続けました。

しかし、ベーグルと名づけられた子猫は非常に身体が小さく、生後3日で90gしかありませんでした。さらに悪いことに、他の兄弟はたくさんご飯を食べて日に日に成長していきましたが、ベーグルだけは食べることも飲むこともできなくなってしまったのです。

「ベーグルはご飯が食べられませんでした。私はその様子を見て、とても心が沈みました。」

ご飯を食べられなくなった子猫は、すぐに衰弱していき、危険な状態に陥ります。そのためニッキーさんと夫は、ベーグルにご飯を食べさせる方法を考え始めました。そして翌朝、夫婦はとても細いチューブを使って、ベーグルにご飯を食べさせ始めたのです。

ニッキーさんの夫は緊急救命室の看護師で、人間の新生児の救命医療の仕事をしていました。また夫婦は子猫の救命医療についての知識を獣医さんから学んでいたのです。

夫婦の献身的な看護のおかげで、ベーグルはご飯が食べられるようになり、ついに死の淵から蘇りました。

「初めてベーグルがご飯を飲み込んだ時の音は、私の耳を幸せにしました。それは最高の音でした。」

「私は徐々に力を取り戻していくベーグルの姿を見て、思わず泣いてしまいました。彼女は体重を少しずつ増やしていき、最後にはチューブなしで食べられるようになりました。」

無事にご飯が食べられるようになったおかげで、ベーグルの体重は121gまで増えたそうです。

まだ完全に安心することはできませんが、きっとベーグルは優しい夫婦にしっかりと守られながら、立派な猫へと成長していくことでしょう。

こうして衰弱していたベーグルは、マルティさんやニッキーさん達のおかげで命をつなぎ、日に日に元気を取り戻していきました。きっと命を救ってもらったベーグルも、優しい人達の愛情を全身で感じていることでしょう。
出典:myfosterkittenslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう