人生に、もふもふを。

飼い猫と一緒に散歩に出かけると、迷子の子猫にバッタリ遭遇! 猫達は一瞬のうちに仲良くなって、最高の兄弟に!

0

今年の初め、デンマークに住むミゼネルさんと飼い猫の『ギルバート(ベンガル猫)』が散歩に出かけると、いつもとは違う出来事に遭遇しました。ふたりが道路を歩いていると、1匹の迷子の子猫と遭遇したのです。

「私とギルバートが茂みの下を覗こうとすると、子猫はすぐに走って隠れ家に身を潜めました」とミゼネルさんは言いました。

ギルバートは幼い子猫のことをとても知りたがりました。そのためギルバートは門の後ろに隠れている子猫に近づき、鼻キスをして子猫を温かく迎え入れたのです。

「子猫はその瞬間からギルバートに興味を持ち、彼の後を追いかけ始めました。それはまさに一目惚れでした。」

子猫はギルバートのことが好きになりましたが、人間のことを怖がっていました。「子猫はとても内気でした。そのため私が近づき過ぎると、すぐに逃げるか、威嚇をしてきました。」

ミゼネルさんは子猫を放っておくことができず、子猫を保護して動物病院へと連れて行きました。そしてお風呂に入れて、美味しいご飯を食べさせると、子猫の気持ちが徐々に変わっていったのです。時間が経つにつれて、子猫は人間がそれほど悪い生き物ではないと感じ、抱っこされることを楽しみ始めました。

この時のミゼネルさんは子猫を里子に出そうと考えていましたが、どうやらギルバートは別の計画を持っていたようです。

ミゼネルさんと家族は子猫を静かな部屋で落ち着かせて、時間をかけて先住猫の『ネリー』を紹介しました。子猫はすぐに新しい環境に興味を持ち、探索を始めて、ゴロゴロと喉を鳴らすようになりました。

その後、ネリーも徐々に子猫のことを受け入れて、最後には優しく接するようにようになりました。一方、ギルバートはいつも子猫のことを心配していて、子猫が鳴くとすぐに駆け寄っていくそうです。

そして数週間後、3匹の絆は深まり、仲良しトリオになりました。特にギルバートと子猫はすっかり離れられない存在になっていたため、家族は子猫を里子に出すことを止めました。

家族は子猫に『ナラ』と名づけ、正式に家族の一員として迎えたのです。

「ギルバートはナラを守り、猫としての生き方を教えるのが大好きです。」

保護された頃のナラはとても臆病でしたが、ギルバートやみんなのおかげで大きく変わることができました。今のナラは何も恐れておらず、可愛い個性をいつも輝かせているのです。

「ナラはこの世界で最も愛情のある生き物のひとりです。彼女はとても愛情深く、お茶目で甘い猫です。彼女は抱きしめられるのが大好きで、いつもたくさんのお話しをしてきます。」

そんなナラのことが大好きなギルバートは、常にナラが清潔に保たれているかを確認し、しっかりと毛づくろいをしているそうです。

好奇心旺盛なナラの周りにはいつもたくさんのオモチャが用意されていますが、ナラの一番のお気に入りは庭にある葉っぱだそうです。「私の推測では、ナラが路上で暮らしていた時の唯一のオモチャが、葉っぱだったのだろうと思っています。」

「ナラは食べることが好きで、いつもたくさんのご飯でお腹を膨らませています。きっと以前の彼女は、いつもご飯のために戦っていたのでしょう。」

その後もすくすくと成長したナラは兄弟と同じくらいの大きさになりましたが、ギルバートとの関係は以前と全く変わっていないそうです♪

こうして路上で生活していたナラは、最高の兄弟と家族に出会うことができました。ナラは現在、室内生活を存分に楽しんでいて、毎日を幸せいっぱいに過ごしているのです(*´ω`*)
出典:missenelllovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう