人生に、もふもふを。

ひとりで街中を彷徨い歩いていた孤独な子猫。親切な家族の優しさで、たくさんの愛情に囲まれた新しい人生を歩み始める

0

9月下旬、保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』に街中で見つかった迷子の子猫についての連絡が入りました。

「連絡をくれた家族はその日、小さな鳴き声に気づいて調査に向かいました。そして、迷子の子猫を見つけました。子猫はとても痩せ細っていて、全身がノミに覆われていました」と保護施設のセリーヌさんは言いました。

子猫は家族の姿を見ると少しだけ近づきましたが、すぐに物陰へと隠れました。家族は子猫の信頼を得るために、急いで食べ物を手に入れて子猫のそばに置きました。子猫はとても空腹だったため、すぐに物陰から姿を現し、食べ物の上に覆い被さりました。

「子猫はわずか350gで、まさに骨と皮だけでした。彼はおそらく長い間何も食べていなかったのでしょう。彼は優しい家族に出会えてとても幸運でした。」

その日の夜、子猫は十分にお腹を満たし、快適な家の中で眠りにつきました。

次の週、子猫は保護施設に運び込まれ、そこで適切な治療を受けて、養育主さんの家で暮らし始めました。

「私達は子猫に『アーロ』と名づけました。彼はとても痩せ細っていますが、生きたいという強い意志があり、毎回たくさんのご飯を食べています。」

食欲旺盛なアーロは決して食べ物を無駄にすることはありません。また食事と遊びの時間以外はずっと寝て過ごしていて、時々養育主さんのポケットの中で眠ることもあるそうです。

「アーロはすぐに新しい環境に適応しました。彼は人間も猫も大好きです。」

保護からわすか2週間で、アーロは個性を開花させました。

「アーロはいつも他の子猫がすることをコピーしています。彼はすでに登り方を会得していて、ひとりでキャットツリーに登ることもできます。」

「アーロはドアが閉まっている部屋が好きではなく、家のあちこちで養育主さんを追いかけています。どうやら彼は家の中の全てのことを知りたがっているようです。」

アーロは探検好きで、まだ身体が小さいにもかかわらず、上手に階段を登ることもできます。アーロは新しい生活が楽しくて、毎日を元気いっぱいに過ごしているのです。

こうして少し前までは路上で暮らしていたアーロは、優しい人達との触れ合いで大きく変わることができました。

アーロは家の中の暮らしにとても満足していて、自分の新しい人生を心から楽しんでいるのです(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう