人生に、もふもふを。

母猫によって庭に置き去りにされていた病気の子猫。助けてもらえたのが嬉しくて、幸せいっぱいに喉を鳴らし続ける

0

ある日、カナダのモントリオールに住むジュヌビエーブが自宅の庭で迷子の子猫を見つけました。まだ生後2〜3週だった子猫は感染症を患っていて、誰かの助けを必要としていました。

ジュヌビエーブさんは少し前に、自宅の周りをうろうろしている猫の親子の姿を見かけていました。そのためジュヌビエーブさんは、子猫の体調が悪かったため、母猫によって置き去りにされてしまったのだろうと考えたそうです。

子猫はとてもフレンドリーな性格で、ジュヌビエーブさんが迎えに行くと、すぐに喉を鳴らし始めました。子猫はその後、ジュヌビエーブさんの知人のステラさんにご飯を食べさせてもらい、適切な治療を受けました。

その日の夜、子猫はお腹をいっぱいに満たし、暖かいベッドで眠ることができました。子猫は心から幸せを感じたようで、大きな音で喉をゴロゴロと鳴らし続けていたそうです。

ジュヌビエーブさんとステラさんは子猫の兄弟と母猫を見つけるために、地元の保護施設に連絡を取りました。その後、子猫は別の保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』に迎えられて、養育主さんの家で育てられることになりました。

「『タンタン』と名づけられた子猫は、すぐに室内生活に適応しました。彼は恐れを知らず、みんなから注目されるのが大好きです」と保護施設のセリーヌ・クロムさんは言いました。

タンタンは適切な看病で元気を取り戻すと、徐々に個性が輝き始めました。

そして、それから数週間でタンタンは完全に開花しました。タンタンはとてもお茶目で好奇心が強く、いつもみんなの中心にいたいと思っているようです。

タンタンは誰かが近くに来ると、その後をどこまで追いかけていきます。また、とっても甘えん坊なタンタンは、いつも自分のベッドではなく人間に寄り添いながら昼寝をしているそうです。

「タンタンは人間や他の猫のことが大好きです。彼はキャットツリーに登って、その場所で長い時間を過ごすのが好きです。」

その後もすくすくと成長したタンタンは、生後4ヶ月を迎えました。

施設のスタッフ達がタンタンに保護子猫の『ルーシー』を紹介すると、ふたりはすぐに仲良くなって、まるで兄弟のような関係になりました。ふたりはいつも一緒に遊んで、一緒に眠って、毎日を幸せいっぱいに過ごしているそうです。

こうして病気の状態で保護されたタンタンは、無事に元気を取り戻し、新しい人生をスタートさせることができました。タンタンは優しい人達のおかげで、ここまで来ることができたのです。

現在、タンタンとルーシーは生涯の家に行く準備が整っています。きっとふたりを迎えた家族の元には、たくさんの癒しと幸せな日々が訪れることでしょう(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう