人生に、もふもふを。

ある日、消防署に迷い込んだ野良猫。驚くほど消防士達と仲良くなって、いつの間にか癒しを届ける働き者の ”消防猫” に!

0

ある日、アメリカのサウスカロライナ州にあるベルモント消防署で1匹の野良猫がのんびりとくつろいでいました。そして、猫が隊長のセガールさんを見つけると、まっすぐに近づいてきて、楽しそうに遊び始めたのです。

飛びつく猫出典:flamethearsoncat (lovemeow)

その様子を見た隊員達は、隊長のところにやって来て「彼は少し前からここに住んでいる仲間です。彼の名前は『フレイム・ザ・アースン』です」と伝えてきました。

隊員達がフレイムを最初に見つけた時、フレイムはとても飢えていました。そのためフレイムは署内に入ると、一直線にキッチンに向かって、食べ物を求めてきたそうです。冷蔵庫にはいくつかのフライドチキンが入っていたため、隊員達はフレイムに食べさせてあげました。

隊員達は新たな仲間ができることに誰も反対しませんでした。その日からフレイムは隊員達の心をとりこにし、署内にたくさんの癒しを届けてくれるようになったのです。

隊員達は休憩時間になるとフレイムに会いに来て、背中を優しく撫で始めます。そんな隊員達の優しい行動に、フレイムも大満足のようです♪

消防署で暮らし始めたフレイムは、いつも建物の周りをパトロールしながら安全をチェックしています。また、隊員達が作業をしている時は、『猫の手』を貸してくれることもあるそうです♪

消防署ではいつもサイレンや警報が鳴りますが、フレイムはあまり気にしていないようです。また、隊員達が現場に急行する時は、邪魔にならないところに座って、隊員達の様子を見守っているそうです。

そんなフレイムの日課はホースの点検です。フレイムの仕事に対する強い情熱は、隊員達の間でも話題になっています。もし不備が見つかった時は、意見するのを恐れずに、しっかりと隊員達に訴えてくるそうです。

非常に仕事熱心なフレイムですが、たまに隊員達のロッカーを占領して、休憩していることもあるそうです♪

とっても愛らしいフレイムは、いつの間にか地元の人達の人気者になりました。そのためフレイムは時々、ファンの人からプレゼントを受け取ることもあるそうです。

こちらは地元のファンからもらった、消防車のオモチャと眠るフレイムの姿です♪

夜になると隊員達は、フレイムに『おやすみの挨拶』をして、彼をベッドに運んであげるそうです。

消防署で働く隊員達は、みんなフレイムのことが大好きです。

隊員達は現場でストレスを感じたり、とても悲しいことに直面することがあります。でもフレイムはそんな隊員達をいつも温かく迎え、心に安らぎを与えてくれるのです。

隊員達はフレイムを見習って、床で横になって休憩することがあります。フレイムは疲れた隊員隊に、最高のリラックス方法を教えているのです。

フレイムはもう、消防署には欠かせない存在です。

フレイムは隊員達からいつももらっている愛情とご飯のお礼に、たくさんの恩返しをしているのです。

こちらは消防車でまったりしながら、シッポで遊ぶフレイムの姿です。 (動画)

フレイムは毎日がとても楽しくて、幸せで、いつも喉を鳴らしながら過ごしています。そして、隊員達はそんなフレイムの姿に、心の底から癒されているのです。これからもフレイムは消防署の猫として、仕事に励む隊員達をしっかりとサポートしていくことでしょう。
出典:flamethearsoncatlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう