人生に、もふもふを。

路地に取り残されていた幼い子猫。迎えられた家で優しい猫のおばあちゃんを見つけると、愛らしい姿を見せてくれた♪

0

ある日、3週齢の子猫がカナダのモントリオールの街を彷徨い歩いていました。子猫を見つけた地元の女性は、大きな声で叫んでいる子猫の姿を見て、すぐに子猫を保護することに決めました。

その後、子猫の母親が戻って来なかったため、女性は子猫を地元の保護施設へと連れて行きました。施設に来たばかりの子猫はとても痩せ細っていて、全身がガリガリだったそうです。

スタッフ達はすぐに子猫の身体を綺麗にして、暖かいタオルで包みました。

「子猫はしばらくの間、何も食べていなかったようです。私達がミルクを用意すると、驚くほどの勢いで食べ始めました」とスタッフのセリーヌ・クロムさんは言いました。

その後、『パステル』と名づけられた子猫はたくさんのご飯を食べて、全身にエネルギーが満ちていきました。そして、ついに元気を取り戻したパステルは、たくさんの愛情を求めてくるようになったのです。

パステルが養育主さんの家に行ってから数日後、16歳のおばあちゃん猫『マーシャ』に出会いました。マーシャおばあちゃんはパステルのことを一目で好きになり、すぐに子守りを始めたそうです。

一方、たくさんの愛情を求めていたパステルも、いつもそばにいてくれるマーシャのことがすぐに好きになりました。甘えん坊のパステルはいつもマーシャに抱きつきながら、満足そうな表情をしているそうです。

甘えん坊のパステルはマーシャとずっといたいようで、眠っている時以外はいつもマーシャに近づいていきます。そして、マーシャにピタッと寄り添うと、幸せそうに喉を鳴らし始めるそうです。

ちなみにマーシャとパステルは毛色と柄が似ているため、養育主さんにはふたりが本当のおばあちゃんと孫のように見えるそうです♪

パステルを温かく迎えたマーシャは、普段から困っている子猫達のことを気にかける優しい猫でした。マーシャは飼い主さんが子猫を連れ帰ってくるたびに、子猫の身体を温め、たくさんの愛情を注ぎ始めるのです。

マーシャはパステルを優しく見守り、猫として生きていくために大切なことを教えます。一方のパステルも、マーシャのやることを何でもマネして、マーシャから様々なことを学んでいるそうです。

5週齢になったパステルは、容器から水を飲む方法を学びました。

パステルは物知りなマーシャと一緒に、充実した毎日を過ごしているのです♪

パステルは優しいマーシャのおかげで、いつも元気いっぱいです。毎日、家の中を大冒険するパステルは、面白い場所で発見されることもよくあるそうです♪

パステルは現在、マーシャに育てられながら日に日に成長しています。きっとマーシャに育てられたパステルは、マーシャのように愛情深い猫に成長することでしょう♪

養育主さんはそんな愛情たっぷりのマーシャのことを、いつも誇りに思っているそうです(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう