人生に、もふもふを。

子猫の大きさのまま成長が止まった猫。自分を愛してくれる家族に出会い、毎日に大きな幸せを感じる (*´ω`*)

0

ある日、ニュージーランドのロワーハットにある保護施設「Kitten Inn」に子猫の『ウィドル』と兄弟が運ばれて来ました。そしてすぐに施設のスタッフ達は、ウィドルが他の兄弟とは違い、成長しないことに気づいたのです。

見上げる子猫出典:trashcanjonesfosters

しかし、ウィドルは身体が小さいにも関わらず、とてもエネルギーに溢れていて、いつも注意を引くために大きな声で鳴いていました。ウィドルはひとりのなるのが嫌いで、いつも誰かの愛情を欲しがっていたそうです。

動物病院で看護師をしているジェシーさんは、ウィドルと兄弟を養育のために自宅へと連れて帰りました。ウィドルは暖かいものにしがみつくのが大好きで、よく床の上のアダプターにくっついていたそうです。そして、ジェシーさんが迎えに来ると、すぐに肩の上に登ってきて、嬉しそうにくつろぎ始めました。

丸々子猫出典:trashcanjonesfosters

ジェシーさんはそれから数ヶ月間ウィドルを育てましたが、ウィドルの大きさはほとんど変わりませんでした。そのため途中でウィドルの兄弟は里親募集のために施設に戻りましたが、ウィドルだけはずっとジェシーさんの家で暮らし続けたのです。

「ウィドルはずっと私達の家にいました。そして私と夫は彼を手放すことができなくなりました」とジェシーさんは言いました。

見つめる子猫出典:trashcanjonesfosters

寂しがり屋のウィドルは、家族のそばから片時も離れようとしませんでした。そこでジェシーさんは毎日ウィドルを連れて、職場に行ったそうです。

「ウィドルは相手がどう思うかに関係なく、みんなの肩の上によじ登ってきます。彼はとっても幸せな猫で、いつもリラックスしていて、愛情に溢れています。」

肩乗り子猫出典:trashcanjonesfosters

そして6ヶ月後、ウィドルはようやく1kgに達しました。「ウィドルは汎下垂体機能低下症を患っていて、成長ホルモンの分泌が低下しているため、ほとんど身体が大きくならないことが分かりました。」

ウィドルの身体はこれからも小さなままですが、ウィドルはとっても大きな心を持っていて、毎日を力強く生きているのです。

遊ぶ子猫出典:trashcanjonesfosters

ウィドルが人間の肩に乗っていない時は、腕の中で丸くなって幸せそうに喉を鳴らしています。その姿はいつもジェシーさんの心を温めてくれるそうです。

寄り添う子猫出典:trashcanjonesfosters

そんな愛らしいウィドルですが、最も幸せを感じている時は、家族にピッタリとくっついている時です。

眠る子猫出典:trashcanjonesfosters

そのため家族が他のことに集中していると、かまって欲しそうに突撃してくることもあるそうです♪

くっつく子猫出典:trashcanjonesfosters

「ウィドルは生まれて半年ですが、今も肩にちょうどフィットくらいの大きさです。彼はどんな時でも寄り添ってくるため、私がリビングルームでひとりになることはありません。」

肩乗り子猫出典:trashcanjonesfosters

ウィドルは今の生活に最高の喜びを感じていて、いつも家族にピッタリとくっつきながら、幸せな時間を過ごしているのです♪

肩乗り猫出典:trashcanjonesfosters

こうして路上から保護されたウィドルは、ジェシーさんの家で新しい人生をスタートさせました。ウィドルの身体はこれからも小さなままですが、毎日に幸せを感じながら、ゴロゴロと喉を鳴らし続けていくことでしょう(*´ω`*)
出典:trashcanjonesfosterslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう