人生に、もふもふを。

生まれたままのサイズで保護された、生後3週の小さな子猫。優しい人達に愛情を注がれ、再び成長を始める!

0

先週の金曜日、保護団体の『ミニ・キャット・レスキュー』は、サンノゼ動物保護センターから数匹の子猫を引き取りました。その中でも黒猫の『ナキア』と彼女の姉妹は、ひどい栄養失調に陥っていました。

残念ながらナキアの姉妹はその日の夜を越えることができませんでしたが、残されたナキアはその小さな身体で懸命に戦い続けたのです。

見上げる子猫出典:instagram.com

「私達は翌朝、ナキアを獣医さんのところに連れて行き、彼女の身体を確認してもらいました。幸いなことに栄養失調による脱毛以外は、彼女の身体に悪いところは見つかりませんでした」と保護団体のトーア・ブイさんは言いました。

保護されたナキアは生後3週目だったため、通常なら300gほどの体重になっているはずでした。しかし、ナキアはほとんどご飯を食べていなかったため、体重が99gしかなかったそうです。

小さな子猫出典:instagram.com

「私達は子猫用のベビーフードと栄養補助食品、水と電解質補給飲料を混ぜて、体重を増やすための特別なご飯を作りました。」

トーアさんは一日中ナキアの世話を続けました。そのおかげでナキアは次第にご飯を食べられるようになり、少しずつ成長を始めたのです。

見つめる子猫出典:instagram.com

そして、ついにナキアは自分の足で立ち上がることができました! その姿を見たトーアさんは、「ナキアはもう大丈夫」と胸をなでおろしたそうです。

トーアさんと2人の妹は、ナキアを温めるための小さなベビー服を作ることにしました。「ナキアは栄養失調のため、お腹や背中の毛を失っていました。私達は彼女の毛が生え揃うまでの間、彼女を温めるための小さな服を作りました。」

子猫と洋服出典:instagram.com

優しいトーアさん達に育てられたナキアは、とても人間好きの子猫になりました。ナキアはトーアさん達が近くにいると、いつも幸せそうに喉をゴロゴロと鳴らしているそうです。

こちらは猫のぬいぐるみに寄り添うナキアの姿です。

可愛い子猫出典:instagram.com

「ナキアはこの2、3日でエネルギーが溢れてきて、とても元気に動き回るようになりました。彼女はいつも私達の周りを走り回り、大きな声で話しかけてきます。」

また、ナキアはトーアさんの家で先住猫のロージーとも出会いました。ロージーはすぐにナキアを受け入れ、トーアさん達と一緒に子育てを手伝ってくれたそうです。

猫と子猫出典:instagram.com

そんな優しい家族のおかげで、ナキアは日に日に大きく成長していきました。

包まれる子猫出典:instagram.com

昨日、ナキアはさらに行動範囲を広げました。すっかり元気を取り戻し、好奇心が爆発したナキアは、家の中を楽しそうに冒険しているそうです。

「ナキアは驚くほどの勢いでご飯を食べ、ケージをよじ登るための十分な力を身につけました。私達は彼女の元気な姿に、心から喜びを感じています」とトーアさんは嬉しそうに話してくれました。

歩く子猫出典:instagram.com

こうして危険な状態で運ばれてきたナキアは、トーアさん達のおかげで大きくなることができました。ナキアはこれからも温かい家族の元ですくすくと成長し、愛情いっぱいの猫へと成長していくことでしょう。

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう