人生に、もふもふを。

新生活のために実家を出た男性。1年後に帰省すると… 自分の部屋が置き換えられていることに気づきました ( *´艸`)

0

ジョセフ・ソポさんが実家を出た時、両親が自分の部屋をトレーニングジムに変えるだろうと思っていました。1年後、ジョセフさんが久しぶりに実家に帰省した時、予想通り両親が自分の部屋を新しいもので満たしていました。しかし、それはジムの設備ではありませんでした。

それは3匹の可愛い子猫でした(*´ω`*)

ベッドで眠る子猫

ジョセフさんの実家には幼い頃から猫がいて、ジョセフさんが家を出た時には、老猫の兄弟が住んでいました。しかし、ジョセフさんが家を出ている間に、兄弟の1匹が亡くなってしまったのです。それから1ヶ月後、両親は残された猫のために、保護施設から友達を引き取ることにしました。

両親はその日、施設で1匹の子猫を家族に迎えようと決めていました。しかし、両親は2匹の子猫『ソフィー』と『ボブ』に恋をしてしまったのです。両親はどちらかを選ぶことができずに、両方を家族に迎えることにしました。

キャットタワーで眠る子猫

両親が施設のスタッフと話していると、ボブには兄弟の『ラッキー』がいることを知りました。ラッキーはとても甘えん坊で、愛らしい子猫でした。そのためラッキーと接した両親は、彼を残しておくことができなくなってしまったのです。結局、両親は3匹の子猫を連れて家に帰りました。

家に来た子猫達のおかげで、両親の日常は一気に忙しくなりました。子猫達がかまって攻撃をしてきたり、家の中を走り回ったりして、大運動会状態になったのです♪

ご飯を食べる子猫

そして、自然とジョセフさんの部屋が猫部屋へと変わっていきました。部屋のベッドや机などはジョセフさんが家を出た時と同じですが、その部屋はすっかり3匹の愛らしい子猫に占領されていたのです♪

「子猫達はとても冒険好きです。子猫達はいつも一緒にいて、家の中を駆け回ったり、キャットタワーを登ったり、両親と一緒に昼寝をしたりしています」とジョセフさんは嬉しそうに話してくれました。

少し前に愛猫を失った両親も、子猫達の成長を見ながら、いつも心が温められているそうです。

見つめる子猫

ちなみに両親のおかげですっかり『猫の人』に成長したジョセフさんは、今住んでいる家で『フィービー』という名前の5歳のラグドールを飼っているそうです。ジョセフさんはどこに行っても、大好きな猫と一緒なのです♪

成長した猫

これからもジョセフさんと両親は、お互いの愛猫をたっぷりと甘やかしながら、幸せな毎日を送って行くことでしょう(*´ω`*)

出典:Joseph Sopo

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう