人生に、もふもふを。

ある日、お腹を空かせながら家の庭に現れた野良猫。住人の女性が世話をすると、思いがけない幸せがやって来た!

0

ある日、庭のバルコニーに現れた1匹の野良猫に、住人の女性がご飯を食べさせてあげました。すると翌日、女性はバルコニーで小さな子猫の姿を発見したのです! どうやら昨日の野良猫が女性のことを気に入ったようで、自分の子供を連れて来たようです。

女性と夫は猫の親子を保護すると、親子のためにベッドを用意しました。しかし、母猫の方は外の生活に慣れていたため、家の中に留まろうとはしませんでした。

そしてしばらくすると母猫は、安全な家の中に子猫を残して、元の生活へと戻っていきました。夫婦は家に残された子猫に『フローフィー』と名づけて、正式に家族の一員として迎えました。

こうしてフローフィーの新しい生活が始まりました。

フローフィーは夫婦がつきっきりで世話をしてくれたおかげで、すくすくと成長していきました。また、この家に元々住んでいた先住猫と2匹の先住犬も子育てを手伝ってくれたそうです。

フローフィーはたくさんの愛情に包まれながら、いつも元気いっぱいに過ごしていて、その愛らしい姿で家の中にたくさんの幸せを届け続けているそうです♪

こうして夫婦のことを信頼した母猫は、大切な我が子を夫婦に託していきました。そして夫婦は母猫の信頼に応えるように、大切にフローフィーを育て始めたのです。

その後、母猫が戻ってくる気配はありませんが、これからも夫婦は母猫が帰ってくるのをいつまでも待ち続けるそうです。
出典:Ottmarhitzfeldlovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう