人生に、もふもふを。

病気で衰弱しながらも必死に子育てしていた野良猫。子猫達の身が安全だと分かるまで、決して寝ずに子猫達を守り続ける

0

ある日、1人の男性が小屋の中で猫の親子を発見し、保護施設『パーフェクト・ペッツ』へと連れて行きました。

運ばれてきた母猫を獣医さんが診察すると、重度の皮膚感染症でほとんどミルクを出せなくなっていることが分かりました。しかし、母猫は常に痛みを感じていたにもかかわらず、子猫達のお腹を満たそうと必死に頑張っていたのです。

「母猫は子猫達にミルクを与えるたびに、辛そうな叫び声を上げていました。彼女は子猫達のお腹を満たすことができなかったため、何日も眠らずに子猫達の世話を続けていたようです」と養育ボランティアのホリーさんが言いました。

ホリーさんは親子を自宅で預かり、世話を始めました。すると母猫は徐々にホリーさんの愛情を受け入れていき、人間のことを信頼するようになっていったのです。

「母猫はこの家が安心できる場所だと理解し始めました。そして、子猫達がもう心配ないと分かった時、彼女は何時間もの長い眠りにつきました。」

保護されるまでほとんどミルクを飲めなかった子猫達は、非常に体重が不足していました。ホリーさんは子猫達を別の部屋に連れて行き、子猫達にミルクを飲ませました。そして、母猫をひとりにして体力を回復させる時間を作ったのです。

子猫達はお風呂に入り、一晩で数回のご飯を食べました。そのおかげで次の日には随分と体力が回復していて、かなり力強くなっていました。

母猫が休息をとっている間、ホリーさんが母猫の代わりに子猫達の世話を続けました。そんなホリーさんのおかげで保護から3日が経つ頃には、母猫の体調はかなり回復していました。すると母猫はホリーさん向かってに、「子供達と一緒にいたい」と強く主張してきたのです。

「母猫は再び子猫達の元へと戻り、子猫達がお腹いっぱいになるまで授乳を続けました。」

それはお母さんの無条件の愛でした。

1週間後、子猫達は保育部屋を出て、家の中を歩き回れるようになりました。ホリーさんは母猫に『バイオレット・グレイ』、子猫に『チャーリー』『ライナス』『ルーシー』『マーシー』『パティ』と名づけました。

バイオレット・グレイは子猫達の成長が何よりも嬉しく、新しいことができるようになるたびに、とても幸せそうな表情になりました。またバイオレット・グレイはホリーさんにいつも感謝していて、「ありがとう」の気持ちを毎日伝えてきました。

一方、健康を取り戻した子猫達は、毎日たくさんのミルクでお腹を膨らませています。また好奇心が旺盛になった子猫達は、常にどんなイタズラをしようかと考えているそうです(*´ω`*)

そんなヤンチャ盛りの子猫達は、愛情深いお母さんとホリーさんのおかげで、こんなに大きく成長することができたのです♪

こうして病気と睡眠不足で衰弱していたバイオレット・グレイは、ホリーさんの助けを借りて、ついに子猫達のお腹を満たすことができるようになりました。どんな時も我が子を想うバイオレット・グレイの姿に、どこまでも深い愛情を感じますね。
出典:pawsofozlovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう