人生に、もふもふを。

猛吹雪の中、高速道路で凍りついていた子猫。最後の力を振り絞って警察官に助けを求め、温かい毎日を過ごし始める

0

ある悪天候の日に、カナダのサスカチェワン州にあるウェーバーンの高速道路を、警察官のショーンさんとライアンさんがパトロールしていました。吹雪の中を車で走行していた2人は、道路の脇に何かを発見しました。

2人は最初、それがトラックから落ちた氷の塊だと思いました。しかし、2人が車を降りて近づいてみると、それが凍りついた子猫だと分かったのです。

どうやら子猫は暖かい場所を求めて車のエンジンルームに潜り込み、高速道路の途中で落ちてしまったようです。

子猫はほとんど動くことができませんでしたが、最後の力を振り絞って2人に向かって小さく鳴きました。ライアンさんはすぐに凍りついた子猫を抱えると、車の中へと急ぎました。そして子猫の身体を温めながら、地元の動物病院へと急いだのです。

「子猫は生後4〜5ヶ月で、とても痩せ細っていました。病院に着いた子猫は、身体を動かすことができず、弱々しく鳴いていました。私達はお風呂で子猫の身体を温めた後、温かいご飯を食べさせました。すると子猫はお昼ご飯を食べる頃には、歩けるくらいに回復していました」と病院のスタッフが言いました。

スタッフの適切な看護とたくさんの愛情のおかげで、子猫はその日のうちに元気を取り戻すことができました。元気になった子猫は早速、スタッフ達と一緒に遊んだり、抱きしめ合ったりしていたそうです。

その日の夜、子猫の容態を心配していたショーンさんが、帰宅の途中で病院に立ち寄りました。すると子猫が見違えるほどに元気になっていて、とても驚いたそうです。

その後、『アンブローズ』と名づけられた子猫は、その愛らしい姿でスタッフ全員の心をとりこにしました。そして、獣医さんの1人がアンブローズを家族の一員に迎えることを決めて、自宅へと連れて帰ったのです。

こうして高速道路で凍りついていたアンブローズは、優しい人達のおかげで命をつなぐことができました。吹雪の中で動けなくなっていたアンブローズは、どれほど心細かったことでしょう。ショーンさんとライアンさんに出会えて本当に良かった。これからは暖かい家の中で生涯の家族にいっぱい甘えながら、幸せな毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:PAHCWeyburnlovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう