人生に、もふもふを。

まん丸の瞳の盲目の猫。路上を彷徨っていたところを保護されて、新しい家に迎えられると、とっても幸せな変化が!

0

盲目の猫の『ジャスミン』は何も見ることができません。でも全てを見通せるような不思議な瞳を持っているのです。

ジャスミンはある日、路上をひとりで彷徨い歩いていたところを発見されました。ジャスミンを見つけた人は、すぐに目が見えないことに気づいたそうです。その後、ジャスミンは保護施設へと運ばれて、里親さんの募集が始まりました。

ちょうどその頃、猫を飼いたいと考えていたサンドラさんは、facebookページに掲載されていたジャスミンの写真に一目惚れしました。

さっそく施設に向かったサンドラさんは、ジャスミンが盲目で、目が見える猫よりも世話が大変なことをスタッフから説明されました。しかし、サンドラさんのジャスミンへの想いは変わりませんでした。サンドラさんは以前、老化によって視力を失った猫と暮らしていたため、目が見えないことは全く気にならなかったのです。

こうして新しい家族と巡り会えた盲目のジャスミンですが、以前誰かに世話をされていた可能性が高いそうです。また、獣医さんの話によると、産まれた時のジャスミンは目が見えていたそうです。

しかし、適切な世話をしてもらえず、必要な栄養がとれなかったことで目が見えなくなってしまいました。そして視力を失ったジャスミンは、ある日路上に取り残されてしまったのです。

そのためサンドラさんの家に来たジャスミンは、とても人間を怖がっていました。そんなジャスミンの姿を見たサンドラさんは、まずはジャスミンが先住猫や先住犬と仲良くなるまでじっと待って、それから少しずつジャスミンに近づいていくことに決めました。

そんなサンドラさんの努力が実を結び、ついにジャスミンは心を開きました。一度心を開いたジャスミンは、サンドラさんのそばから離れなくなり、毎晩一緒のベッドで眠るようになったそうです。

サンドラさんが家を数日間空けなければならなかった時は、ジャスミンはずっとベッドの上でサンドラさんの帰りを待っていたそうです。

ジャスミンとサンドラさんは完全に切り離せない存在になりました。ジャスミンはサンドラさん無しでは生きていけず、サンドラさんもジャスミン無しでは生きていけないのです。

こうして路上で保護されたジャスミンは、幸せな毎日を手に入れることができました。何も見えない状態で路上を彷徨い歩いていたジャスミンは、どれほど心細かったことでしょう。しかし、優しいサンドラさんとの出会いがジャスミンの人生を大きく変えたのです。

サンドラさんに心を開いたジャスミンの愛らしい姿に自然と心が温まりますね(*´ェ`*)
出典:adoptionfeline33lovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう