人生に、もふもふを。

衰弱した状態で独りぼっちで保護された子猫。優しい女性の助けを借りて、その大きな瞳に輝きを取り戻す!

0

ある日、5週齢の子猫が独りぼっちで保護施設へと運ばれてきました。子猫は栄養不足で痩せ細っていて、緊急の治療を必要としていました。

そんな子猫のことを知った養育ボランティアのアンバーさんは、躊躇することなく子猫を迎え入れました。「子猫は非常に体調が悪く、日に日に体重が減っていました。彼女は脱水症状に陥っていて、食べ物をうけつけませんでした」とアンバーさんが言いました。

子猫は非常に衰弱していましたが、アンバーさんが治療を始めると、徐々に元気を取り戻していきました。

「子猫は一度に多くのご飯が食べられなかったため、私達は一晩中眠らずに、何度もご飯を食べさせました。彼女は家の中が安全な場所だと感じ、ご飯も少しずつ食べられるようになっていきました。」

アンバーさんは子猫に『スプラウト』と名づけました。スプラウトはとても小さな身体をしていましたが、大きくて不思議な瞳を持っていました。

しばらくしてスプラウトがベッドの外を歩けるようになると、すぐにトイレが使えるようになり、毛づくろいで身だしなみを整えるようになりました。

「スプラウトは確実に成長していて、日に日にできることが増えていっています。」

それから数日でスプラウトはさらに体重を増やし、全身にエネルギーが溢れてきました。スプラウトは人間に撫でられることに幸せを感じるようになり、チャンスが来るたびにアンバーさんの気を引くようになりました。スプラウトの個性はすぐに現れて、とっても冒険好きのヤンチャな子猫へと生まれ変わったのです。

スプラウトは現在、お皿からひとりでご飯が食べられるようになりました。またスプラウトは好奇心の赴くままに部屋の隅々まで探索して、数匹の保護子猫とも友達になりました。

「スプラウトはイタズラ好きで、他の子猫をコッソリと攻撃したり、シッポを真っ直ぐに立てながら走り回るのが大好きです。そして夜になると人間用のベッドに潜り込んで、幸せそうに喉を鳴らしています」とアンバーさんが話してくれました。

最初の頃のスプラウトはとても小さな声で鳴いていましたが、健康で勇敢になった現在は、人間を見るたびに大きな声で話しかけてくるそうです。

こうして独りぼっちのところを保護されて、長い道のりを歩んできたスプラウトは、無事に元気を取り戻すことができま。これからもスプラウトはその大きな瞳を輝かせながら、幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:kitty_fostering_ozlovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう