人生に、もふもふを。

歩道で発見された珍しい柄の子猫。保護先で出会った猫の親子の一員になって、毎日を幸せいっぱいに過ごす!

0

今から2ヶ月前、カナダのコーンウォールにある保護施設のメリッサさんが、妊娠中の猫を保護しました。それから数週間後、『ジューン』と名づけられた猫は、養育主さんの家で無事に子猫達を出産しました。

その月の終わり頃、メリッサさんは歩道で独りぼっちになっていた迷子の子猫についての連絡を受けました。子猫はとても小さく、体重はわずか82gしかありませんでした。そんな状況にもかかわらず、子猫は生きたいという強い意志で命をつないでいました。

孤独な子猫にとって母親の愛情が大きな力になることを知っていたメリッサさんは、すぐに子猫を引き取ることを申し出ました。メリッサさんは自宅に連れ帰った子猫に『ジェイニー』と名づけました。

メリッサさんはジェイニーに病気がないことが確認できたら、ジューンに紹介しようと考えていました。

ジェイニーはフィーバーコートという状態で生まれたため、毛が珍しい模様になっていました。これは母猫が妊娠中に病気で高熱を出したり、ストレスを感じたりした時に起こることがあります。

ジェイニーはまだとても幼く、一日中世話を続ける必要がありました。また、この年齢の子猫は自分で体温を調整することができないため、メリッサさんは温度調節のできる保育器の力を借りることにしました。

ジェイニーはいつもお腹がいっぱいになると小さな足で柔らかいものを捏ねながら、至福の表情を見せてくれます。ジェイニーはメリッサさんの献身的な看護のおかげで、わずか3日で100gを越えることができました。

一方のジューンはジェイニーの声に強く反応していました。ジューンは保育器の中でミルクを飲むジェイニーの姿を、いつも心配そうに見守っていました。

それから数日でジェイニーはさらに成長し、確実に体重を増やしていきました。その間にジェイニーの毛は、灰色から徐々に黒へと変わっていきました。

そして2週齢になったジェイニーは、ジューンに会う準備を整えました。ジューンはジェイニーの鳴き声を聞くとすぐに走り寄ってきて、優しくジェイニーの毛づくろいを始めました。

「ジューンは一瞬でジェイニーのことを我が子として迎え入れました」とメリッサさんが言いました。

「ジューンはそれから10分ほど毛づくろいを続けて、自分の子供達にミルクを与え始めました。今まで独りぼっちだったジェイニーがみんなに寄り添う姿は、私の心を一瞬で溶かしました。」

ジェイニーは人工哺乳で育てられてきたためジューンのミルクは飲みませんが、快適さを求めてジューンや子猫達に寄り添うのが大好きでした。

その後、子猫達のうちの1匹が、新しく妹になったジェイニーのことをとても気に掛けるようになりました。『ジャスミン』と名づけられたその子猫は、いつもジェイニーと一緒に行動するようになったのです。

「ジェイニーと一番仲良くなったのはジャスミンですが、他の子猫達もジェイニーのことを受け入れてくれました。」

その後、ジェイニーの目が開き始めると、ジェイニーは兄弟と一緒に遊びたくて、おぼつかない足取りで兄弟のところに向かうようになりました。また、メリッサさんがミルクの時間に部屋に入ってくると、ジェイニーは一直線にメリッサさんのところに行くようになりました。

ジェイニーは兄弟よりも2週間ほど年下ですが、サイズが足りない分は、大きな個性で補っています。

ジェイニーはトイレの使い方を学び、兄弟のように全てのことをひとりで出来るようになろうとしています。

ジェイニーは現在4週齢で、1ポンド(約454g)を超えました。ジェイニーはジェーンお母さんの行動を観察しながら、ご飯を食べることを学び始め、毎日の生活を元気いっぱいに過ごしているそうです。

「日々成長を続けているジェイニーは、ついに兄弟の移動について行くことができるようになりました。彼女はとっても甘えん坊で、私や兄弟の姿を見つけることができないと、大きな声で鳴き始めます。」

生まれた直後に辛い時期を過ごしたジェイニーですが、保護先で出会ったみんなのおかげで花を咲かせることができました。ジェイニーは現在、安全な家の中で飛躍的に成長を続けていて、幸せいっぱいの毎日を送っているのです(*´ω`*)
出典:tinybutmightykittenrescuelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう