人生に、もふもふを。

生まれたばかりの子猫を迎え入れ、お父さん代わりになった猫。驚くほどの愛情で子猫の運命を大きく変える

0

ある日、生まれて間もない2匹の子猫が保護団体のスタッフ達によって保護されました。子猫達は重い病気を患っていて、つきっきりの看病が必要でした。

「子猫達の容態は非常に悪く、保護団体のスタッフ達は必要な看護を提供することができませんでした。そこで彼らは子猫達を私のところに連れて来ました」と動物病院で働いている養育ボランティアのエレンさんは言いました。

スタッフ達は車を2時間走らせて、エレンさんに子猫達の命を託しました。

エレンさんの家には今までにたくさんの保護子猫達を育ててきた『ベニー』という名前の猫が暮らしていました。そんな愛情深いベニーが衰弱した子猫達を見た瞬間、温かい心が大きく動いたのです。

エレンさんはその日から子猫達をつきっきりで看病し、細いチューブでご飯を食べさせました。しかし、2匹のうちの1匹は尿に血が混ざっていて、とても危険な状態が続いていました。

そして、エレンさんの最善の努力にも関わらず、子猫は2日後に命を落としました。

「私は常に子猫の容態を確認しながら、ご飯を食べさせました。ベニーも子猫を心配そうに見守り、毛づくろいで全身を綺麗な状態に保っていました。また彼は子猫の容態が変化すると、さらに力強く子猫の世話を始めました。」

残された方の子猫はエレンさんとベニーのおかげで何とか危険な状況を脱し、少しずつ元気を取り戻していきました。エレンさんは容態が安定してきた子猫に『ジュビリー』と名づけました。

「その後もジュビリーは保育器の中で育ち、24時間体制でのチェックが続きました。ベニーはいつもジュビリーのことを心配していて、私が保育器からジュビリーを出すと、すぐにキスをして毛づくろいを始めます。」

またエレンさんが仮眠を取っている間も、常にベニーがジュビリーの様子を見守っていたそうです。

そして5日後。ジュビリーの耳や鼻、シッポやつま先の色が変わり始めました。

「ジュビリーはシロクマのように見え始めました。どうやらジュビリーは白猫ではなく、シャムのミックスのようです。」

ベニーはほとんどの時間をジュビリーのそばで過ごし、ジュビリーが安全なことを確認し、決して独りではないことを伝え続けました。

そんな優しいベニーお父さんのおかげで、ジュビリーは喉をゴロゴロと鳴らすようになり、幸せな時間を過ごすようになったのです。

ベニーはいつもジュビリーの授乳が終わるのをじっと待ち、終わるとすぐにベッドに連れていって、優しく毛づくろいを始めるそうです。

「ジュビリーはお腹のマッサージが大好きで、いつも幸せそうな姿を見せてくれます。そんなジュビリーの姿は、いつもベニーを幸せにします。ベニーは徹夜でジュビリーの看病を続けてくれました。」

そしてジュビリーは生後10日を迎えることができました。

「ジュビリーの成長と共にベニーの世話は変わっていきます。ベニーはこれからジュビリーに、猫として生きていくための方法を教え始めることでしょう。」

こうして危険な状態で運ばれてきたジュビリーは、優しいお父さんとエレンさんの愛情で、ここまで大きく成長することができました。ふたりのおかげですっかり元気を取り戻したジュビリーは、驚くほどご飯を食べて、すくすくと大きくなっているそうです(*´ω`*)
出典:thecatlvtlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう