人生に、もふもふを。

雪の中、消防署の外から助けを求めてきた子猫。優しい消防隊員に助けられ、室内に入れてもらうと幸せいっぱいに (*´ェ`*)

0

ある雪の日のこと、カナダのマニトバ州シュタインバッハにある消防署に、1匹の子猫が姿を現しました。子猫は消防署の中に入りたくて、ガラスの外からじっと中を見つめてきたそうです。

「私達が署内を歩いていると、建物の外にいる子猫の姿に気づきました。部署のメンバーが外に出ると、子猫はすぐに近づいてきました」と署長のケルビン・テーブスさんが言いました。

消防士達はその場に子猫を放っておくことはできなかったため、建物の中へと入れてあげました。

子猫は全身が汚れていて空腹でしたが、安全で暖かい場所に幸せを感じたようで、助けてくれた消防士達に擦り寄りながら「ありがとう」を伝えてきました。その姿はとても愛らしく、みんなの心を一瞬でとりこにしたそうです。

その後、ケルビンさんは迷子の子猫を自宅に連れて帰ることにしました。そして行く先が決まるまで、しばらく世話をすることに決めたのです。

ケルビンさんと家族は子猫に『エンバー』と名づけ、動物病院へと連れて行きました。エンバーは耳の先に凍傷を負っていましたが、それ以外に悪いところはありませんでした。

「私はエンバーが誰かの猫かもしれないと思い、Facebookに彼女のことを投稿しました。でも誰も自分の猫だと主張してこなかったため、彼女を獣医さんのところに連れて行き、予防接種とダニの駆除をしてもらいました。」

エンバーは最初から友好的で、みんなから注目されるのが好きな子猫でした。また撫でられるのが大好きで、一日に何度も家族におねだりをしてきたそうです。

その後、ケルビンさんは猫の養育を行なっている友人に連絡をしました。そして、エンバーを育てることができるかを尋ねました。

「私達はエンバーが家猫としての生活を始め、新しい家族と一緒に暮らせるように、友人の家に彼女を連れて行きました。」

エンバーはそこでお風呂に入り、綺麗な毛並みを取り戻しました。「今のエンバーは、保護された時よりもずっといい匂いがしています。」

そして保護から2週間ほどで、エンバーはさらに人間好きになり、家猫としての暮らしに完全に適応しました。エンバーはとてもヤンチャで、いつも元気いっぱいに家の中を駆け回っているそうです。

エンバーは優しい養育主さんのおかげで、無事に里子に出る準備を整えました。エンバーは家の中での生活が大好きで、いつも幸せそうな姿を見せてくれているそうです。

「私達はFacebookを通して、エンバーの里親募集を始めました。ありがたいことに彼女の新しい里親さんはすぐに見つかりました」とケルビンさんは話してくれました。

こうして消防署の外に現れたエンバーは、優しい人達のおかげで新しい生活を始めることができました。あの日、寒さの中を彷徨い歩いていたエンバーは、どうやら最適な避難場所に辿り着くことができたようです。エンバーはこれからも暖かい家の中でたくさんの愛情を感じながら、幸せな毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:steinbachfirelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう