人生に、もふもふを。

保護されて以来、多くの人達の手で育てられてきた猫。驚くほど愛情深い猫に成長し、迷子の子猫達にたくさんの愛情を注ぐ

0

ある日、ヒューストンの街で子猫の『ピート』が母猫や兄弟と共に発見されて、地元の保健所へと運ばれました。その後、猫の親子は保健所から助け出されて、保護施設へとやって来ました。

抱きしめる子猫出典:kittensincolorado (lovemeow)

猫の親子は保護施設から養育主さんの家に預けられましたが、しばらくすると母猫の病気が悪化して、子猫達の世話をすることができなくなりました。そのためピートと兄弟達は2人目の養育主さんの家へと移動することになったのです。一方、そのまま家に残った母猫は、静かな場所で看病されて、再び元気を取り戻すことができました。

新しい家に引っ越したピートは、いくつかの健康問題を抱えていたため、なかなか体重を増やすことができませんでした。そのためピートの兄弟全員が新しい家を見つける中、ピートだけは3人目の養育主さんの家へと再び移動することになったのです。

見上げる子猫出典:kittensincolorado

ちょうどその頃、保護施設で養育ボランティアをしていたレインさんは、保護子猫の『ヘンリー』を育てていました。レインさんはヘンリーが寂しさを感じないようにと、ピートと別の子猫『エバ』を自宅で預かることに決めました。

こうしてピートは4人目の養育主さんの家へと引っ越したのです。

新しい家に着いたピートはすぐにヘンリーに寄り添い、後を追うようになりました。「ピートはとても社交的な性格で、ヘンリーやエバとすぐに友達になりました。ピートはとてもお茶目で、愛情豊かな子猫です」とレインさんは言いました。

寄り添う子猫出典:kittensincolorado

ピートが猫の友達と一緒にいない時は、いつもレインさんや夫の愛情を独り占めしていました。

「ピートは柔らかいものをこねるのが好きで、ちょうど良いものを見つけるとすぐにフミフミを始めます。また彼は私の顔や首をこねるのも好きで、毎晩必ず1回は私のことを目覚めさせます。幸いなことに彼は爪を立てたりせず、いつも穏やかにこねています。」

ピートはレインさんとの暮らしがとても気に入ったようで、もう二度と別の家に移らないことを決めました。ピートは4番目の家に来てから数週間で、ついに自分の夢を叶えることができたのです。

レインさんがピートを先住猫の『ブルース』に紹介すると、ふたりは一瞬で結ばれました。「ブルースはピートを一目で好きになり、ピートもブルースと楽しそうに過ごし始めました。私は幸せそうなピートの姿を見て、彼が生涯の家を決めたことをすぐに理解しました。」

毛づくろいする子猫出典:kittensincolorado

ピートは人間や他の猫と触れ合うことが大好きで、レインさんが保護子猫を連れてくるたびに挨拶に来て、一緒に遊び、すぐに寄り添い始めるそうです。

「ピートを家族に迎えて以降も、私達は何匹もの子猫達を育ててきました。ピートはいつも私達が連れてくる子猫達に、とても良い影響を与えています。」

「ピートは出会う全ての子猫を受け入れて、手入れをして、一緒に遊びます。そして緊張している子猫を見つけると、すぐに寄り添って、心を開くための手伝いをしてくれます。」

寄り添う子猫達出典:kittensincolorado

「ピートのおかげで全ての子猫が人間生活を受け入れて、好奇心旺盛な冒険好きの子猫へと成長することができました。」

幸せな子猫達出典:kittensincolorado

「ピートはこれまでに多くの人達の手で育てられてきました。そして、たくさんの愛情を受け取ったピートは、驚くほどの愛情深い猫へと成長しました。私はピートを育ててくれた人達全てに心から感謝しています」とレインさんは嬉しそうに話してくれました。

幸せ顔の子猫出典:kittensincolorado

こうして養育主さんの家を転々としてきたピートは、レインさんの家で望んでいた生活を手に入れることができました。ピートはこれからもみんなから受け取った愛情を子猫達に注ぎながら、優しい家族と共に幸せな毎日を送っていくことでしょう。
出典:kittensincoloradolovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう