人生に、もふもふを。

ガレージの棚の中に置き去りにされていた子猫達。保護先の家族のおかげで元気を取り戻し、新しい人生をスタートさせる!

0

ある日、テキサス州リアンダーに住む家族が、自宅のガレージの中から子猫の声が聞こえてくることに気づきました。家族がすぐに声の方に向かうと、ガレージに置かれていた棚の中で5匹の子猫の姿を発見したのです。家族は母猫が戻ってくるのを待ちましたが、結局母猫が姿を現すことはありませんでした。

そこで家族は子猫達を保護すると、地元の保護施設『ウィルコ・リージョナル・アニマル・シェルター』へと連れて行きました。子猫達はとても幼く、まだヘソの緒がついたままの状態でした。

子猫達には24時間の看護が必要だったため、施設のスタッフ達は養育ボランティアのメーガンさんに助けを求めました。メーガンさんはその日の予定を全てキャンセルして、子猫達を引き取るために施設へと急ぎました。

「子猫達はまだ2〜3日齢でした。5匹のうちの4匹は体重が90〜100gでしたが、『ブリー』と名づけた子猫だけは体重が77gしかありませんでした」とメーガンさんは言いました。

兄弟の中で一番小さなブリーでしたが、兄弟に追いつくことを決心しているようでした。

保護の当日はしっかりとミルクを飲んでいた子猫達でしたが、翌日になるとミルクをほとんど飲まなくなりました。その様子を見たメーガンさんは、子猫達に何かが起こっていることに気づきました。子猫達は母猫のミルクを飲むことができなかったため、免疫力を高めることができず、感染症などへのリスクが非常に高まっていたのです。

メーガンさんは子猫達を常に気にかけ、家族の助けも借りながら、一日中看護を続けました。メーガンさんは子猫達のお腹の具合を確認しながら、休まずに水分補給を続けました。

そのおかげで子猫達は少しずつお腹を膨らませることができました。また子猫達は食事以外の全ての時間を寝ることに費やし、少しでも体力を回復させようとしていました。

「特に『ミュンスター』はとても静かだったため、私達は非常に心配しました。しかし時間が経つに連れて、それがミュンスターの個性だと分かりました。彼はとても大人しくて優しい子猫です。」

その後、子猫達は家族全員の助けを借りて、ついに元気を取り戻すことができました。そして子猫達の目が開くと、愛らしい足取りで家の中を探索し始めたそうです。

こちらは優しく抱っこされる『フェタ』の姿です。フェタは毎日成長を続けていて、2日前からひとりでトイレも使えるようになりました。

「身体が一番小さく、体重が77gしかなかったブリーは、無事に兄弟に追いつくことができました。ブリーは生後3週半で体重が400gになりました。私達はブリーが大きく成長できたことに、とても幸せを感じています。」

現在、5匹の子猫達は飛躍的に成長を続けています。

子猫達には歯が生え始めてきていて、離乳の時期が近いことをメーガンさんに教えてくれています。きっと毎日前進を続ける子猫達は、すぐにお皿からご飯を食べられるようになることでしょう。

子猫達はあと数週間で新しい生活を始める準備が整います。子猫達はそれぞれの里親さんを見つけて、新しい人生をスタートさせることでしょう。

現在、子猫達はみんなで一緒に遊びながら、様々なことを学んでいます。そして遊び疲れた子猫達は、愛らしい姿で一箇所に固まりながら、幸せそうに喉をゴロゴロと鳴らし続けているそうです♪
出典:kittenkonnoisseurlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう