人生に、もふもふを。

独りぼっちで街中を彷徨い歩いていた子猫。保護先で出会った猫に温かく抱きしめられると、怯えていた心に大きな変化が

0

ある日、街中を彷徨っていた6週齢の子猫が保護されて、地元の保護施設へと運ばれて来ました。子猫は全身が汚れていて、重度の上気道感染症を患っていました。

子猫はその後、別の保護施設『ベスト・フレンズ・アニマル・ソサイエティー』が引き取り、適切な治療によって健康な状態を取り戻しました。保護施設で『フィン』と名づけられた子猫は、少し臆病でいつも周りを警戒していましたが、再び独りになることを望んでいませんでした。

養育ボランティアのアリーさんは、そんなフィンの養育を引き受けて、自宅へと連れて帰りました。

保護された子猫出典:_hellokirosrescue

アリーさんの家にはオス猫の『ゼット(別名:ゼファー)』が住んでいて、いつもアリーさんが連れ帰ってくる保護子猫達の養育を手伝ってくれていました。

「ゼットは私が里子に出すことのできなかった猫で、5週齢の時から一緒に住んでいます。ゼットは幼い子猫に対する大きな心と忍耐強さを持っています」とアリーさんが言いました。

家に着いたばかりのフィンはとても内気で、常に身の回りを警戒していました。フィンはいつもキャリーの中にいて、外に出る勇気が持てませんでした。

ゼットはそんなフィンの様子を見ると、すぐに近づいていきました。そして、挨拶のためにキャリーに頭を入れて、フィンに数回鼻キスをしたのです。

今までずっと不安を感じていたフィンは、ゼットの温かい愛情に抵抗することができませんでした。フィンはゆっくりとですが確実に前に進み始めたのです。

そしてフィンは自然とゼットのことが好きになり、家のいたるところでゼットの後を追いかけるようになりました。「ゼットが助けてくれたおかげで、フィンは一週間も経たないうちに自分の殻から出ることができました。」

ゼットはフィンに猫としての生き方を教え、猫のスキルを磨く手伝いをしました。またゼットはオス猫ですが、フィンがミルクを飲みたい時は、好きなようにさせているそうです。

いつもゼットを追いかけているフィンは、ゼットのおかげでキャットツリーにも登れるようになりました。ふたりはいつも一緒の時間を過ごし、眠たくなると幸せそうに眠り始めるそうです。

「フィンはゼットのポッチャリとしたお腹に安らぎを見いだしました。彼はいつも幸せいっぱいに喉をゴロゴロと鳴らしています。」

フィンはゼットのおかげで自信がつき、いつもたくさんの愛情を吸収しているそうです。

さらに2週間が経つ頃には、フィンは人間のことを完全に信頼し、ハグ好きの子猫になりました。そんなフィンの姿を見たアリーさんは、フィンが新しい人生をスタートさせる準備ができたことを理解しました。

そして、子猫を家に迎えようとしていた家族がフィンの元を訪れました。「フィンは新しい人間のお父さんが会いに来た時、すぐにお父さんの膝の上で眠り始めました。」

「フィンは現在、新しい家でたくさんの愛情を注がれています。彼が引っ越した家には猫のお兄さんがいて、ふたりはすぐに仲良くなりました」とアリーさんが話してくれました。

こうして周りを怖がっていたフィンは、ゼットやアリーさんのおかげで新しい人生を歩み始めることができました。フィンはこれからも優しい家族の元で幸せな毎日を送っていくことでしょう。

そしてアリーさんと一緒にフィンを立派に育てたゼットは、現在も困っている子猫達を助けながら、たくさんの愛情を注ぎ続けているそうです(*´ω`*)
出典:_hellokirosrescuelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう