人生に、もふもふを。

大切なぬいぐるみをおばあちゃんに治療してもらった猫さん。裁縫が終わるまで、ひたすら見守り続ける姿に心が温まる

0

猫の『ルーカス』がまだ子猫だった頃、同じサイズのヒョウのぬいぐるみが大好きになりました。それから4年が経ち、ルーカスはすっかり大人の猫に成長しましたが、ぬいぐるみへの愛情が変わることはありませんでした。

「私は地元の動物園でいくつかのぬいぐるみを買ってきました。ルーカスは他のぬいぐるみをひとりにすることはありますが、ヒョウのぬいぐるみだけはひとりにすることはありません」と飼い主のアラナさんが言いました。

ぬいぐるみは時間が経つに連れて随分とほつれてきましたが、ルーカスはそのことを気にしていませんでした。ルーカスはぬいぐるみと一緒にいるだけで気持ちが落ち着くようでした。

「ルーカスはいつもぬいぐるみに夢中です。ルーカスは常にぬいぐるみと一緒に行動するため、私はよくぬいぐるみを不思議な場所で発見することがあります。」

そして昨年のこと、アラナさんの家におばあちゃんが引っ越してきて、すぐにルーカスのことが大好きになりました。おばあちゃんはぬいぐるみがボロボロで一部が裂けていることに気づき、再びぬいぐるみに命を吹き込むことを決めました。

おばあちゃんが治療を始めると、ルーカスはぬいぐるみを通り抜ける針と糸に目が釘付けになり、治療の間中ずっと座りながら辛抱強く待ち続けていました。

My cat ripped open his favorite toy. This is my grandma sewing it back together. from r/aww

「ルーカスはずっと見ていました。彼はおばあちゃんがやっていることを真剣な表情で見守っていました。」

その後、おばあちゃんが無事に治療を終わらせると、ぬいぐるみをルーカスに返しました。ルーカスはまるで新品同様になったぬいぐるみを受け取ると、明らかに興奮しました。これでルーカスはさらに何年もの間、大好きなぬいぐるみで遊ぶことができるようになったのです。

その様子をずっとそばで見ていたアラナさんは、「ルーカスは本当に幸せそうでした!」と嬉しそうに話してくれました(*´ω`*)
出典:andthenhestabbedmethedodo

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう