人生に、もふもふを。

世話してくれた家族に愛情を感じ、庭で4匹の子猫を出産した野良猫。新しい家に安心し、愛情いっぱいの子育てが始まる♪

0

ある日、シアトルに住む家族が母猫と4匹の子猫を保護して、地元の保護施設『シアトル・ヒューメイン・ソサイエティー』へと連れて行きました。

『ロージー』と名づけられた母猫は、これまでずっと野良猫として生きてきました。そんな中、優しい家族がロージーの姿を見つけて、ご飯の世話を始めたのです。するとロージーは次第に家族のことを信頼するようになり、毎日姿を見せるようになりました。

しばらくすると家族はロージーが妊娠していることに気づきました。そこで家族はロージーを保護する計画を立て、実行に移す日を決めました。しかし、ロージーはその日の前夜に、4匹の子猫を家の庭で出産したのです。

ロージーの話を聞いた保護施設のシンディー・コンドンさんは、親子全員を自宅で育てることを申し出ました。

「ロージーと子猫達はみんな、全身がノミに覆われていました。ロージーはまだ若い猫ですが、素晴らしいお母さんです。私はロージーと一緒に子育てができて、とても嬉しく思っています」とシンディーさんは言いました。

シンディーさんは親子をお風呂に入れて、全身を綺麗にしました。そして、親子が快適に過ごせるように、ベッドを常に清潔な状態に保ちました。ロージーは居心地の良い環境に安心して、幸せそうな姿をたくさん見せてくれたそうです。

そんなロージーの自慢の子猫達の中に、1匹だけロージーによく似たサビ子猫がいました。『フランシス』と名づけられたその子猫は、とても勇敢で好奇心が強く、シンディーさんに自ら近づいた最初の子猫でした。

フランシスは兄弟の中で一番早く歩き方を覚えて、ベッドの外へと冒険に出かけました。

他の兄弟がまだお母さんにしがみついている時から、フランシスだけはベッドの周りを活発に動き回っていたそうです。

そんな冒険好きのフランシスですが、食事の時間になると必ずお母さんのところへと戻ってきます。そして、お母さんのお腹に潜り込むと、一番良い場所を確保してミルクを飲み始めるそうです。

その後、ロージーの優しさですくすくと成長したフランシスと兄弟は、生後3週間で450gを超えました。シンディーさんは子猫達の成長にあわせて、養育部屋のドアを開放しました。

もちろん最初に部屋を飛び出したのは、好奇心旺盛なフランシスでした。フランシスは最初からためらうことなく新しい空間へと駆け出していき、まるで以前からその場所を知っていたかのように、楽しそうに遊び始めたそうです♪

少し前までは家の外で暮らしていたロージーと子猫達でしたが、その生活は大きく変わりました。世話をしてくれた優しい家族のおかげで、安全な場所へと辿り着くことができたのです。子猫達は快適な空間の中でのびのびと暮らしながら、確実に成長を続けているそうです。

また愛情深いロージーはいつも子猫達に寄り添いながら、嬉しそうに会話をしています。ロージーは安心できる家の中でシンディーさんと一緒に子育てをすることできて、大きな喜びを感じているのです。

これからもロージーは大切な我が子を見守りながら、幸せな毎日を送っていくことでしょう。そして冒険好きのフランシスは、兄弟と一緒に可愛いハプニングを起こしながら、元気いっぱいに成長していくことでしょう(*´ω`*)
出典:foster_kittenslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう