人生に、もふもふを。

痩せ細った状態で路上から保護された猫。優しい人達のおかげで我が子を出産すると、愛情いっぱいに寄り添い続ける

0

ある日、路上で妊娠中の野良猫が発見されて、地元の保護施設『ヒューマン・レスキュー・アライアンス』に連れて来られました。猫はまだとても若く、生後約8ヶ月でした。

『シャウナ』と名づけられた猫はとても痩せ細っていて、出産時に合併症を引き起こしてしまいました。獣医さん達はすぐに帝王切開を行いましたが、生き残った子猫は1匹だけだったそうです。

猫と子猫出典:dcfostermomsusie (lovemeow)

唯一生き残った子猫の『シェーン』は、生まれた瞬間からお母さんを求めて大きな声で鳴き始めました。シェーンはその後、強い生命力と獣医さん達の看護で、何とか危険な時期を乗り越えることができたそうです。

その後、シェーンと母親のシャウナは、養育ボランティアをしているスージーさんの家で育てられることになりました。シャウナはスージーさんが用意してくれた静かな部屋のおかげで、子育てに全ての力を注ぐことができたそうです。

幼い子猫出典:dcfostermomsusie

「シャウナはとても若かったため、ミルクをほとんど出すことができませんでした。そのため私は栄養を補うために、足りない分のミルクをシェーンに飲ませ始めました。シェーンはいつも勢いよくミルクを飲んで、お腹がいっぱいになるとすぐに眠りにつきました」とスージーさんは言いました。

ほとんどミルクを出すことのできないシャウナでしたが、少しでもたくさんのミルクを飲ませようと、いつもシェーンをお腹の方へと優しく呼び込んでいたそうです。「どうやらその行動は、シャウナとシェーンの両方に幸せな時間をもたらしているようでした。」

寄り添う猫の親子出典:dcfostermomsusie

しばらく体調が優れなかったシャウナは、獣医さんの治療と処方された栄養補助剤のおかげで徐々に回復していきました。その間、スージーさんはシャウナとシェーンの両方の看護を行い、たくさんの愛情を注ぎ続けました。

見つめる猫出典:dcfostermomsusie

2〜3時間おきにシェーンにミルクを飲ませるスージーさんですが、いつもミルクを飲ませ終わると、すぐにシャウナがやって来て、シェーンの毛づくろいを始めるそうです。

「私がシェーンにミルクを飲ませ、シャウナが清潔に保ちます。私達はいつもチームになってシェーンの世話をしています。」

猫と子猫出典:dcfostermomsusie

「親子はどちらも甘い性格で、喉を鳴らしながら寄り添い合うのが大好きです。時々シャウナが先に寝てしまい、シェーンの話し声だけが聞こえてくることがあります。」

シェーンはあの日、自分が産まれたことをみんなに大きな声で伝えました。シェーンはその日からずっと、とってもおしゃべり好きの子猫なのだそうです。「シェーンは寝ている時と食べている時以外は、いつも大きな声でお話しをしています」とスージーさんは話してくれました。

どうやらシェーンは優しいお母さんに、伝えたいことがたくさんあるようです。

猫の親子出典:dcfostermomsusie

こうして保護の直後に出産を始めたシャウナは、優しい人達のおかげで大切な我が子に出会うことができました。きっとシャウナはこれからも、助けてくれた人達全てに感謝しながら、愛するシェーンと共に幸せな毎日を送っていくことでしょう。
出典:dcfostermomsusielovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう