人生に、もふもふを。

助けを求めて彷徨い歩き、裏庭に迷い込んだ子猫。抱っこされた瞬間に人の温かさを知り、怯えていた心に大きな変化が

0

ある日のこと、ニューヨークのブルックリンにある家の裏庭に、1匹の小さな子猫が現れました。子猫はとても臆病で、誰にも近づこうとしませんでした。

「私達は裏庭で子猫の姿を何度も見ましたが、ご飯をあげようと外に出ると、いつも姿を消してしまいました」とリンジーさんは言いました。

子猫はとても空腹でしたが、人間のことをとても怖がっていて、すぐに車の下へと隠れてしまいました。そのためリンジーさんは2日間、子猫に近づくことができなかったそうです。

しかし、空腹だった子猫は何度も裏庭に戻ってきました。そして最後は人間の助けを借りるために、勇気を出してリンジーさんのところへと近づいて行ったのです。

リンジーさんはすぐに子猫を保護して、家の中へと連れて行きました。そして、痩せ細っていた子猫にご飯を食べさせてあげたのです。

「ご飯を食べ終わってから2時間が経つと、子猫は少し落ち着いたようでした。私は子猫にゆっくりと手を伸ばして、抱きしめました。」

するとこれまでとても臆病だった子猫に大きな変化がありました。ずっと人間を恐れていた子猫が、リンジーさんに愛情を求めてきたのです。

その後、子猫は寄り添うことを学び、リンジーさんの膝の上で眠りに落ちました。

リンジーさんはこの時すでに2匹の猫を飼っていたため、子猫を保護施設に連れて行くことに決めました。

「私は愛猫を迎える時にお世話になった保護施設『フラットブッシュ・キャッツ』に連絡をしました。それから2時間後にスタッフが来て、子猫を保護施設へと連れて行きました。」

スタッフのウィルさんとディブヤさんが保護施設に着くと、さっそく子猫をお風呂に入れて、全身を綺麗にしました。

「子猫の身体からはノミがいなくなりました。子猫は現在、安全で綺麗で快適に過ごしています」とウィルさんは言いました。

子猫は生後間もなく母猫とはぐれ、独りぼっちになっていました。しかし、人間のことを信頼した子猫は、美味しいご飯でお腹をいっぱいに膨らませて、暖かいベッドで眠り、優しい人達と一緒に幸せいっぱいの時間を過ごし始めたのです。

「子猫はもう2度と空腹に耐えたり、独りぼっちになることはありません。子猫の残りの人生は、たくさんの愛情で満たされています」とウィルさんは言いました。

その後、十分に成長した子猫は新しい里親さんの元へと旅立っていきました。子猫は現在、優しい家族の愛情を感じながら、幸せな毎日を送っているそうです(*´ω`*)
出典:flatbushcatslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう