人生に、もふもふを。

お腹を空かせ、歩道で丸くなっていた独りぼっちの子猫。優しい女性が手を差し伸べると、幸せいっぱいに喉を鳴らし続ける

0

ある日、駐車場近くの歩道で、衰弱した迷子の子猫が見つかりました。子猫は独りぼっちでとても寂しそうでしたが、優しい女性のおかげで人生が大きく変わったのです。

撫でられる子猫出典:animalfriendsproject (lovemeow)

その日、保護施設『アニマル・フレンズ・プロジェクト』の創設者のカルメン・ワインバーグさんが、小さな動物の姿を歩道で発見しました。気になったカルメンさんが近づいていくと、その動物が幼い子猫だと分かったのです。

丸くなる子猫出典:animalfriendsproject

子猫は全身が汚れていて元気が無く、獣医さんの治療を必要としていました。カルメンさんは子猫を保護しようとゆっくりと近づいていきましたが、子猫は車の下へと身を隠しました。そこでカルメンさんは車のそばに捕獲器を設置して、その中に食べ物を置きました。

すぐに食べ物の匂いに気づいた子猫は、車の下から出てきて、捕獲器の方へと歩いていきました。そしてそのまま捕獲器の中へと入っていったのです。非常にお腹が空いていた子猫は、食べ物が見つかったことにとても喜びを感じていたようで、捕獲器の扉が閉まっても少しも気にする様子はありませんでした。

見つめる子猫出典:animalfriendsproject

「私が子猫を検査するために捕獲器から出しても、子猫は暴れたりしませんでした。子猫は保護してもらえたことを喜んでいるようにも見えました。」

「子猫はとても愛情に飢えていたようで、私が身体を撫でるとすぐに、満足そうな姿を見せてくれました。」

撫でられる子猫出典:animalfriendsproject

子猫の全身はノミやシラミで覆われていて、お腹の虫のせいで貧血気味のようでした。カルメンさんはそんな子猫をお風呂に入れて、必要な治療を行いました。

子猫は世話をしてもらえたことが嬉しかったようで、カルメンさんに寄り添いながら感謝の気持ちを伝えてきたそうです。

「お風呂の後で子猫の身体を乾かしていると、子猫は私にすり寄ってきて、小さな声で話しかけてきました。」

寄り添う子猫出典:animalfriendsproject

カルメンさんは子猫に『エストレラ』と名づけました。エストレラはカルメンさんのおかげで快方へと向かい、安全な家の中で日に日に回復していきました。

「エストレラはいつもたくさんの愛情を求めていて、人間との暮らしにとても満足しているようです。」

座る子猫出典:animalfriendsproject

エストレラはカルメンさんのおかげですっかり人間のことを信頼するようになり、誰かがそばにいると、ずっと喉を鳴らし続けているそうです。

くつろぐ子猫出典:animalfriendsproject

その後、完全に元気を取り戻したエストレラは、両目をしっかりと開くことができるようになりました。エストレラはとても健康的な日々を送り始め、毎日体重を増やし、今までの分を取り戻すかのようにたくさんの愛情を求めてくるそうです。

見つめる子猫出典:animalfriendsproject

「エストレラはもう路上で独りぼっちになることはありません。今の彼女はとても明るく、いつも輝いています」とカルメンさんは嬉しそうに話してくれました。

幸せ子猫出典:animalfriendsproject

こうして誰かの助けを必要としていたエストレラは、優しいカルメンさんのおかげで元気を取り戻すことができました。これからもエストレラはたくさんの愛情を感じながら、幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:animalfriendsprojectlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう