人生に、もふもふを。

冷たい雨に打たれながら、子猫達を温め続けていた母猫。保護先の家に安心すると、幸せいっぱいに子猫達を抱きしめ続ける

0

ある日、『ジャージー・キティー・ノンプロフィット』のアティナ・セレナさんが、出産したばかりの野良猫についてのメッセージを受け取りました。「母猫は生まれたばかりの子猫達を守っていました。外はとても寒く、冷たい雨が降っていました」とアティナさんは言いました。

子猫達を守っていた母猫出典:rukasthecat (lovemeow)

アティナさんはすぐにSNSを通して、猫の親子を受け入れることのできる里親さんを探し始めました。すぐに複数の養育ボランティアさんから返事をもらったアティさんは、さっそく親子の救助活動を始めました。

「私はどんな状況かを確認するために、一番最初に現場に向かいました。そこには子猫達を冷たい雨から必死に守る母猫の姿がありました。私はすぐに子猫達をキャリーに入れましたが、母猫はなかなかキャリーに入ろうとはしませんでした。」

母猫出典:rukasthecat

アティナさん達が周辺を調べると、そこは野良猫達のコロニーになっていることが分かりました。母猫はずっとコロニーで野良として生きてきたため、人間にあまり慣れていなかったのです。

そこでアティナさんは地元でTNR活動(野良猫の不妊去勢手術を行い、元の場所に戻す活動)を行なっているモーガンさんに協力を求めることにしました。

捕獲器に入る母猫出典:rukasthecat

「しばらくするとモーガンさんが捕獲器を持って現れました。私達はさっそく捕獲器を設置して、子猫達の入ったキャリーに毛布をかぶせ、捕獲器の後ろに置きました。母猫には子猫達がどこにいるかが分かっていました。」

母猫は子猫達の鳴き声を聞きながら、ゆっくりと捕獲器の中へと入っていきました。「雨と寒さの中、保護活動は3時間続きました。保護された子猫達はみんな無事で、健康上の問題はありませんでした。」

保護された母猫出典:rukasthecat

アティナさん達は親子がもう路上で苦しむことがないと分かり、ホッと胸を撫で下ろしました。

「私は帰宅するとすぐに親子を静かな部屋へと運びました。そして野生的な母猫をリラックスさせるために、その日は何もしませんでした。私は寝る前に親子の部屋を覗き、母猫がしっかりとご飯を食べていることを確認しました。」

母猫と子猫達出典:rukasthecat

翌朝、アティナさんが親子の様子を見に行くと、驚きの光景が待っていました。なんと前日はそこにいなかった5匹目の子猫が部屋の中にいたのです。どうやら母猫は夜のうちに、最後の子猫を出産したようです。

現在、5匹の子猫達は全員がフカフカのベッドで過ごしながら、温かい母猫にピッタリと寄り添っています。もし親子があのまま雨の中で過ごしていたら、5匹のうちの何匹かは命を落としていたかもしれません。

寄り添う母猫と子猫達出典:rukasthecat

「親子はその後、養育主さんの家へと移動し、数日が経ちました。最初は新しい環境を怖がっていた母猫も、今ではすっかり家の中に安心しているようです。子猫達は毎日たくさんのミルクを飲んで、確実に成長を続けています。」

幸せな母猫と子猫出典:rukasthecat

こうして冷たい雨の中で子猫達を守っていた母猫は、無事にアティナさん達に助け出され、暖かい場所に辿り着くことができました。母猫は安全な家の中で全ての力を子猫達に注ぎながら、毎日を幸せいっぱいに過ごしているそうです。
出典:rukasthecatlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう