人生に、もふもふを。

保護先の農家でヤギの出産を手伝った猫さん。産まれてきた子ヤギ達に驚くほどの愛情を注ぐ!

0

ある日、野良猫の『プリティーボーイ』が保護施設に連れて来られ、地元の農家に引き取られました。プリティーボーイはすぐに農場を支配し、まるで農場主のように振る舞い始めたそうです♪

プリティーボーイはすぐに妊娠中のヤギの『コッパー』と深い絆で結ばれました。そして、コッパーが出産の時を迎えると、プリティーボーイがお腹をマッサージして、不安を和らげてあげたのです。

「この農場にはコッパーの他にも妊娠中のヤギが数頭いました。でもプリティーボーイはコッパー以外のヤギと深く接することはありませんでした。彼は常にコッパーのそばで丸くなり、身体をこすりつけ、いつも近くから見守っていました」と飼い主のカートさんは話してくれました。

プリティーボーイはコッパーが出産している間、ずっとお腹をマッサージし続けました。その姿はまるで、ベテランの助産師さんのようだったそうです。

そして、無事に出産を終えたコッパーに寄り添い、いたわるように抱きしめたのです。

プリティーボーイは産まれてきた3匹の子ヤギを温かく迎え入れ、彼らのベビーシッターになりました。

その日以来、プリティーボーイはコッパー親子といつも一緒にいるようになったのです。その姿はまるでコッパー親子の一員のようです♪

プリティーボーイはいつも高いところに登って、子ヤギ達に異常がないかを確認します。

そんなプリティーボーイのベビーシッターぶりに、コッパーお母さんは大満足のようです♪

また、大人のヤギ達が出かけている間、プリティーボーイは農場にいる全ての子ヤギ達の世話を引き受けます。プリティーボーイは常に周りに気を配りながら、子ヤギ達に危険がないかを確認しているそうです。

プリティーボーイはすっかり子ヤギ達の保護者のような存在になりました。

プリティーボーイは農場に来て以来、昼も夜もヤギ達を見守り続けてきました。農場の中で1匹だけ種族の違うプリティーボーイですが、まるでヤギ達の家族のように、たっぷりと愛情を注いでいるのです。

こうして今まで野良として生きてきたプリティーボーイは、自分にピッタリの家を見つけることができました。これからもプリティーボーイは大好きなヤギ達と一緒に、楽しい毎日を送っていくことでしょう♪

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう