人生に、もふもふを。

路上で独りぼっちになっていたところを助け出された子猫。保護先で出会った子猫に守られて、幸せな毎日を送り始める

0

ある日、茶トラの子猫の『ケルビン』は路上で迷子になっているところを保護されました。その後、地元の保護施設『ペット・アライアンス』に連れて行かれたケルビンは、5日齢で100gほどの体重しかありませんでした。

スタッフ達は独りぼっちのケルビンを、別の場所で保護された5匹の子猫達に紹介しました。すると子猫達はすぐに一緒になって、大きな家族になったそうです。

仲良し子猫達出典:Lisa Krakosky (lovemeow)

また幸いなことに、養育ボランティアのサラ・クラコスキーさんの家には、自分の子供が離乳した後もまだミルクを出していた、『ジュール』という名前の保護猫がいました。

スタッフ達はすぐに、母親の愛情が必要な子猫達をサラさんの家へと連れて行きました。するとジュールは一瞬で子猫達を受け入れて、全ての子猫達に愛情を注ぎ始めたのです。

保護された子猫出典:Lisa Krakosky

ケルビンは他の子猫達よりも身体が小さく、体重が不足していました。そのためリサさんはジュールのミルク以外にも、24時間体制でケルビンにミルクを飲ませて栄養を補給し続けたそうです。

たくさんの子猫達出典:Lisa Krakosky

そんな中、ケルビンと仲良くなった5匹のうち『ルーメン』と名づけられた子猫が、ケルビンを常に心配し、いつもそばに寄り添うようになりました。

「全ての子猫がケルビンを受け入れましたが、特にルーメンはケルビンと強く結びつきました」とリサさんは言いました。

ルーメンはケルビンのことをいつも弟のように守っていて、決してケルビンを視界の外に出さずに、たくさんのハグと毛づくろいで愛情を注ぎ続けていました。

一緒にいる子猫出典:Lisa Krakosky

ケルビンはみんなに育ててもらったおかげで、2週間後には体重が2倍になりました。ケルビンはまだ体重が不足していますが、とても力強くなり、部屋の中を元気に遊び回るようになったそうです。

もちろんケルビンとルーメンの関係は以前と全く変わりません。2匹は一緒に会話をしたり、昼寝をしたりしながら、相変わらずいつも一緒の時間を過ごしているのです。

仲良しな子猫達出典:Lisa Krakosky

一方、子猫達を優しく受け入れたジュールは、本当に素晴らしいお母さんでした。「ジュールはとても甘く愛情深い猫で、フワフワの可愛いシッポを持っています。」

こちらはジュールお母さんにくっつきながら、幸せそうに眠るケルビンの姿です。

寄り添う猫出典:Lisa Krakosky

その後、子猫達はさらに成長を続け、里親さんの家に行く準備が整いました。

子猫達を送り出すことになったリサさんは、ケルビンとルーメンが同じ家に行かなければならないことを知っていました。

一緒の子猫達出典:Lisa Krakosky

そんなリサさんのおかげで、2匹は無事に一緒の家に引き取られることになりました。ケルビンは新しい家に向かっている最中も、しっかりとルーメンにしがみついていたそうです。

「子猫達は現在もすくすくと成長し、エネルギーに溢れ、新しい家族にたくさんの愛情を注がれています。私達は子猫達に最高の家を見つけることができて、心から幸せを感じています」とリサさんは話してくれました。

その後、子猫達を立派に育てたジュールも、無事に新しい家へと旅立って行ったそうです。

くつろぐ子猫達出典:Lisa Krakosky

こうして別々の場所で保護された猫の家族は、全員が無事に生涯の家を見つけることができました。それぞれの家で新しい暮らしをスタートさせた猫達は、これからも安全な家の中で幸せな毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:Lisa Krakoskylovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう