人生に、もふもふを。

迷子のリスの赤ちゃんを庭で見つけた猫。家の中に運び込み、我が子のようにたくさんの愛情を注ぐ

0

ある日、カミンズさんの家で暮らす猫の『ミミ』が、2.4mほどの高さのフェンスで囲まれた庭から、1匹のリスの赤ちゃんを連れて帰ってきました。そして、リスの赤ちゃんを自分のベッドに乗せると、再び庭へと戻っていったのです。

カミンズさんがどうしたのかと思っていると、ミミは別のリスの赤ちゃんを咥えて帰ってきました。

子リスを運んできた猫出典:Mary Cummins

まだリスの赤ちゃんはとても幼く、歩くこともできないほどでした。

子リスを育てる猫出典:Mary Cummins

ミミは自分のベッドにリスの赤ちゃんを運んでくると、優しく毛づくろいを始めたそうです。

ミミが愛情を注ぐ様子はこちら。

カミンズさんは地元の野生動物保護施設に連絡して、リスの赤ちゃんを施設に連れて行くことにしました。ミミはリスの赤ちゃんが家を出るまでずっと、愛情いっぱいに毛づくろいを続けていたそうです。

その後、施設でリハビリを行ったリスの赤ちゃん達は、自分でエサをとれるようになると、無事に野生へと帰っていったそうです。

とっても愛情深いミミは、リスの他にも色々な動物の母親代わりをしているそうです。こちらは一緒に暮らすウサギの世話をするミミの姿です。

猫とウサギ出典:AnimalAdvocatesUSA

種族の垣根を越えて愛情を注ぐミミの姿に、心が温かくなりますね。きっと愛情深いミミの行動に、育てられた動物達も感謝していることでしょう(*´ω`*)

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう