人生に、もふもふを。

母猫と一緒に救い出された小さな子猫。靴下で作ったセーターが子猫の身体を回復させて、ついに元気な姿を取り戻す!

0

ある日、地元の保健所に生後2日の子猫『セレーネ』と母猫が連れて来られました。猫の親子は保健所のケージに入れられ、先の見えない生活を送ることになったのです。

見つめる猫出典:fosterkittenlove (lovemeow)

そんな中、親子のことを知った保護施設『キャット・アダプション・チーム』は保健所から親子を助け出すと、養育ボランティアのシェルビーさんに託しました。

「セレーネは生後5日で私の家にやって来ました。彼女はまだ生まれたばかりのサイズでした。しばらくして彼女が目を開くと、私はこれまでに見たことがないくらい魅力的な子猫だと感じました」とシェルビーさんは言いました。

セレーネはすぐに新しい家に落ち着きましたが、母猫の方は慣れない環境に怯え、明らかに混乱していました。そのため母猫はセレーネに授乳しなくなり、最後にはミルクが出なくなってしまったのです。

「セレーネはお母さんを求めて鳴いていました。私はお母さんの代わりにミルクを用意して、彼女に飲ませることにしました。彼女は非常に空腹だったため、今までとは違うミルクでしたが勢いよく飲みました。」

温まる猫出典:fosterkittenlove

セレーネが生後2週半くらいになった頃、シェルビーさんはセレーネのヘソの緒がおかしいことに気づきました。

「私がセレーネをお風呂に入れている時に、あることに気づきました。普通の子猫なら生まれてから3〜5日でヘソの緒の部分が塞がっているはずですが、彼女はヘソの緒の部分が破れ、開いたままになっていました。」

巻かれる猫出典:fosterkittenlove

シェルビーさんはセレーネが母猫に舐められて、傷が悪化するのを心配しました。しかし、親子を切り離したくはありませんでした。そこでシェルビーさんは靴下のつま先部分を切り、セレーネが手足を通すための4つの穴を開けてミニセーターを作ったのです。

抱っこする猫出典:fosterkittenlove

「セレーネはセーターを気に入ってくれたようで、セーターを着たまま母猫の毛づくろいを楽しんでいました。」

仰向け猫出典:fosterkittenlove

セーターは傷の回復を助けるだけではなく、その暖かさがセレーネに快適さも与えているようでした。

楽しむ猫出典:fosterkittenlove

それから間も無くして、母猫は病気のために子育てができなくなりました。そのため保護施設に戻り、獣医さんの元で治療が行われることになったそうです。

シェルビーさんは母猫の代わりになって、セレーネの世話を一日中続けました。

見上げる猫出典:fosterkittenlove

「セレーネはとても気まぐれな女の子です。彼女はとても要求が多くて、元気いっぱいです。私は彼女ほどオモチャ好きの子猫に出会ったことがありません。」

セレーネは食事が終わる度に大きな音で喉を鳴らして、新しいお母さんの手の中で眠りにつきました。

丸くなる猫出典:fosterkittenlove

さらに甘えん坊のセレーネは、「ずっとお母さんと一緒にいたい」と要求してきました。そこでシェルビーさんはセレーネを常に抱っこできるようにとベビーキャリーを作り、まるでカンガルーのように運び始めたそうです。

温まる猫出典:fosterkittenlove

「私はセレーネが様々なことを学べるように、彼女と同い年の3匹の保護子猫を家に迎えました。すると彼女は早速、一緒に混ざって遊び始めました。」

「ここ数日間でセレーネはとても社交的になりました。彼女は友達にコッソリと忍び寄って、飛びかかるのが大好きです。」

包まれる猫出典:fosterkittenlove

セレーネは生後7週目で体重が630gになりました。セレーネが来た時は96gだったので、体重は何倍にも増えました。

セレーネはシェルビーさんの献身的な愛情で、とってもお茶目で愛情深い子猫に成長することができたのです。

幸せな猫出典:fosterkittenlove

セレーナの姿を見ていると、どれだけ愛情を注がれているかが伝わってきますね。これからもセレーナは、温かい家族の元ですくすくと成長し、素敵な猫へと成長していくことでしょう(*´ω`*)
出典:fosterkittenlovelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう