人生に、もふもふを。

小屋の中で発見された、ちょっと変わった毛色の子猫。成長するにつれて、毛の色が徐々に変化していく様子にビックリ!

0

ある日、家の敷地内にある牧草小屋で、4匹の子猫が見つかりました。子猫達はみんな珍しい模様をしていたため、発見した家族はとても驚いたそうです。

母猫と子猫出典:fosterkittys (lovemeow)

家族は子猫達を保護すると、地元の保護施設へと連れて行きました。施設で子猫達を受け取ったスタッフ達は、子猫達が『フィーバーコート』で産まれたことに気づきました。

妊娠中の猫が病気で高熱を出したり、重度のストレスがかかったりすると、子猫はフィーバーコートで産まれることがあります。この状態で産まれた子猫は、毛の色が一時的に灰色へと変わるのです。

保護された子猫達はみんなとても健康的でした。それは保護される直前まで母猫がそばにいて、しっかりと世話をされていた証拠でした。スタッフ達は子猫達と母猫を再会させるために、子猫達が保護された場所へと捕獲器を設置しました。

そして、それから1日も経たないうちに、母猫を保護することに成功しました。母猫は非常に野生的で、上気道感染症を患っていたそうです。

その後、猫の親子のことを知った養育ボランティアのデビーさんは、親子を育てることを申し出ました。

「子猫達はみんな身体の末端の温度が低いため、耳とシッポと足の色が胴体よりも黒くなっています。子猫達の毛の色は、最終的に黒色へと変わります」とデビーさんは言いました。

「私がフィーバーコートの子猫を育てるのは14年ぶりです。子猫達は2匹が男の子で、残りの2匹が女の子です。」

母猫は室内生活に慣れていなかったため、最初の夜はずっと物陰に隠れていました。しかし、2〜3日が経つと少しずつ落ち着いてきたようで、子猫達のベッドで過ごすようになりました。

好奇心旺盛な子猫達は、1匹がベッドから出ると、他の子猫達もその後に続きました。そして、部屋中を興味津々に探索し始めたそうです。

親子はそれぞれ、フォクシー(母猫)、スウィフティー、アーティー、キット、フェンと名づけられました。

日が経つにつれて、子猫達はさらに活発になり、デビーさんのことが大好きになりました。子猫達はデビーさんが部屋に入ってくると、すぐにベッドから出てくるようになったそうです。

そんな元気いっぱいの子猫達ですが、最初の1週間で随分と色が黒くなりました。

育ち盛りの子猫達は驚くほどの勢いで成長していて、それぞれに愛らしい個性を持っています。

「子猫達は現在、家猫生活を楽しんでいます。幸いなことに、子猫達の里親さんは既に決まっていて、十分に成長したら、正式に採用される予定になっています。」

「母猫は避妊手術を受けて、ワクチン接種を行いました。その後、元の場所に戻された母猫は、子猫達のお父さんと思われる黒猫と再会しました。2匹は現在、子猫達を発見した家族に世話をされていて、自由に牧草小屋に行くこともできます。」

「4匹の子猫達はいつも愛らしい姿を見せてくれています。フェンはとっても冒険好きで、いつも大きな音で喉を鳴らしています。アーティーは4匹の中で一番大きな身体をしていて、私の膝の上を登ったり降りたりするのが大好きです。」

「一番小さなキットは魅力的な丸顔と大きな丸い目を持っていて、スウィフティーは滑らかな光沢のある毛を持っています。」

最近、4匹の子猫達の元に保護子猫のルルがやって来ました。

「4匹は新しい環境を怖がっているルルを温かく迎えてくれました。4匹はみんな愛情いっぱいの子猫です」とデビーさんは嬉しそうに話してくれました。

そして保護から数週間後、4匹は全身の毛が黒くなりました。子猫達はみんな人間との生活を楽しんでいて、いつも一緒に部屋の中を駆け回っているそうです♪

こうしてフィーバーコートで産まれた子猫達は、安全な家の中で大きな変化を遂げました。子猫達はもう少しでそれぞれの家へと旅立って行きますが、その愛らしい姿で新しい家族にもたくさんの幸せを届けてくれることでしょう(*´ω`*)
出典:fosterkittyslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう