人生に、もふもふを。

保護されて以来、ずっとひとりで過ごしていた猫。迷子の子猫に出会った瞬間、閉ざされていた心が開放される!

0

昨年のこと、ジャスミン・フェルダーさんが庭の木の上から猫の声が聞こえてくることに気づきました。ジャスミンさんは既に4匹の猫と暮らしていましたが、助けを求める猫を家族に迎えることを躊躇しませんでした。

「私はいつも猫との出会いに運命を感じていて、困っている猫を見るたびに保護してきました。現在、家にいる全ての猫が、私の家を訪ねてきた猫です」とジャスミンさんは言いました。

猫が木の上でどのくらいの時間を過ごしていたかは分かりません。でも猫はジャスミンさんの姿を見て、明らかに嬉しそうな反応を示しました。

「猫は木の高いところまで登っていて、私が来ると嬉しそうにしていました。私が猫を家の中に入れると、とても満足そうな姿を見せてくれました。」

見つめる猫出典:Jazmin Felder (thedodo)

ジャスミンさんは保護した猫に『バディー』と名づけました。

バディーは安全な家で暮らせることに感謝していましたが、先住猫達と一緒に眠ったり遊んだりはしませんでした。バディーは友達を作るよりも、ひとりでいることを好んだのです。

ジャスミンさんはそんなバディーの姿を見て、バディーと相性の良い猫が現れるまで、ずっと一匹狼のままだろうと感じていました。

それから6ヶ月後。5週齢の子猫が近所の家の下に取り残されていることをジャスミンさんは知りました。可哀想に思ったジャスミンさんは、子猫に『ハンナ』と名づけて家族に迎えたのです。

食べる猫出典:Jazmin Felder

ハンナとバディーはあらゆる面で正反対でした。バディーはまじめで引っ込み思案でしたが、ハンナは愛情豊かで社交的な性格でした。「ハンナはとても遊ぶのが好きで、誰かと寄り添って眠るのが大好きです。彼女は先住犬とも仲良しで、いつも楽しそうに一緒に走り回ります。」

そんな正反対の2匹でしたが、初めて出会った瞬間に嬉しいことが起こりました。今までずっと同居猫達と距離を置いていたバディーが、ハンナにだけは興味を示したのです。

寄り添う猫出典:Jazmin Felder

「最初にハンナを連れ帰った時、バディーはすぐに彼女を見に来ました。彼はいつも控えめで内気でしたが、彼女と出会った瞬間から、彼の性格は大きく変わりました。」

それから数ヶ月が経ちましたが、バディーとハンナが別々に行動することは滅多にありません。ジャスミンさんは2匹がキッチンカウンターで寄り添っている姿をいつも目にするそうです。

「彼らはお互いの手入れをしながら愛情を注ぐだけでなく、お互いを抱きしめながら、いたわり合っています。友人や家族が家に来ると、彼らの愛情の深さに誰もが驚きます。彼らはお互いのことが本当に好きで、一日のほとんどの時間を寄り添いながら過ごしています。」

抱きしめる猫出典:Jazmin Felder

ハンナの存在は、バディーの中で最も大切なものになっています。

「バディーは自分がご飯を食べる前に、必ずハンナにご飯を食べさせます。オモチャで遊ぶ時も先にハンナに遊ばせます。また彼らは時々どちらが早く階段を登れるかを競争していますが、その時もバディーはハンナに勝たせてあげているようです。」

毛づくろいする猫出典:Jazmin Felder

ハンナとの出会いのおかげでバディーの心の壁は完全に崩れ、他の猫達とも接するようになりました。現在、家に暮らす6匹の保護猫達は、完全に1つの大きな家族になっています。猫達はお互いのことを気にかけていて、ひとりで眠る猫はいないそうです。

猫達出典:Jazmin Felder

ジャスミンさんにとって、バディーとハンナが開花していく様子を見られたことは、とても大きな喜びでした。「彼らは一緒に絆を築いていきました。ハンナがバディーの幸せを引き出していく姿は、私の心を完全に溶かしました」とジャスミンさんは嬉しそうに話してくれました。
出典:Jazmin Felder/thedodo

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう