人生に、もふもふを。

路上を彷徨い歩き、みんなに抱っこを求めてきた猫。人間との温かい生活を望み、差し伸べられた手に大きな幸せを感じる

0

今から数週間前、ニューヨークで猫の保護活動を行っているファラーナさんが、友人の家を訪ねた時に1匹の猫と遭遇しました。

撫でられる猫出典:flatbushcats

猫はとても大きな身体をしていて、ふわふわの毛で覆われていました。「私が猫に向かって話しかけると、猫はすぐに私のところに歩いてきて、前足を膝の上に乗せてきました。そして私が座ると、嬉しそうに膝の上に登ってきました」とファラーナさんが言いました。

「猫のことを近くの住人に聞くと、猫は以前誰かに世話をしてもらっていたことが分かりました。でもその人が引っ越してからは、ひとりの力で生き抜いてきたそうです。猫はとても可愛い性格で、近づいてくる全ての人に挨拶をしていました。」

ハグする猫出典:flatbushcats

「猫はとてもフレンドリーで、人間を魅了する方法を知っているようでした。もしかすると以前、どこかの家で暮らしていたのかもしれません。」

抱っこされる猫出典:flatbushcats

一度猫と別れたファラーナさんは、保護する準備を整えてから再び戻ってきました。そして、友人や保護活動をする仲間の助けを借りながら、猫を保護することに成功したのです。ファラーナさんは猫を、いつもお世話になっている保護施設『フラットブッシュ・キャッツ』に連れて行きました。

その後、猫は施設で『ソフィア』と名づけられました。「ソフィアは毎晩、養育主のリブカさんとの抱擁を楽しんで、一緒に眠りにつきます。彼女はとても愛らしい性格で、驚くほど愛情いっぱいの特別な猫です」と施設のスタッフは言いました。

毛づくろいする猫出典:Rivka

ソフィアがリブカさんの家に移ってからの数日間、ソフィアは分離不安に陥りました。ソフィアは誰かと一緒にいないと落ち着かず、ひとりの時はご飯も食べられませんでした。

「ソフィアはいつも、この夢のような生活が終わるのではないかと心配していました。彼女はそれほど多く困難の中を生き抜き、今の生活に大きな喜びを感じていました。彼女はいつもリブカさんに寄り添いながら、静かな時間を過ごしています。」

ソフィアは毎日、リブカさんが帰宅するのをドアの前で待っています。そして、リブカさんが帰ってくるとすぐに膝の上に飛び乗って、幸せそうに喉を鳴らし始めるそうです。

幸せな猫出典:Rivka

「ソフィアはほとんど鳴かない猫で、何か伝えたいことがある時は静かに私のことを見つめてきます。彼女は間違いなく、私が今までに出会った中で最も愛情深い猫です」とリブカさんは言いました。

ソフィアは約8〜10歳で、昼寝をするのが大好きな猫だそうです。

まったりする猫出典:Rivka

ソフィアは現在、感染症の治療をしていて、10月24日には歯の治療を受けることになっています。

「私達の望みは、10月中にソフィアを唯一のペットとして迎えてくれる家を見つけることです。きっと彼女と暮らす里親さんは、愛情いっぱいのハグで毎日が幸せに溢れることでしょう」とスタッフは話してくれました。

見つめる猫出典:Rivka

こうして人間の愛情を求めていたソフィアは、路上から助け出されて、新しい人生をスタートさせました。きっと愛情深いソフィアの前には素敵な里親さんが現れて、最期の瞬間まで幸せな日々を送っていくことでしょう(*´ェ`*)
出典:flatbushcats/Rivka/lovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう