人生に、もふもふを。

10年前に保護されて以来、仕事前のお父さんに朝の抱っこを要求する猫さん。毎日の30分の抱っこに最高の幸せを感じる♡

0

今から10年前、リンダーマンさんは『ティガー』という名前の子猫を救いました。そして、リンダーマンさんが父親にティガーを紹介すると、ふたりは完全に結ばれたのです。

「ティガーはお父さんが仕事に出かける前に、少なくとも30分間は抱っこされないと気が済みません」とリンダーマンさんは言いました。

抱っこされる猫出典:flinderman76

リンダーマンさんの父親は毎朝8時頃に家を出るのですが、ティガーは7時30分までには父親の膝の上に座って、喉を鳴らしているそうです。「もし抱っこしてもらわないと、ティガーは一日中口を尖らせます。」

父親が昼食のために家に帰ってくると、早速ティガーが出迎えてくれます。そして、父親が座るとすぐに膝の上に飛び乗ってきて、腕の中に収まるのです。

父親は急ぎの用事がある時も、ティガーが起きるまで待っているそうです。「お父さんはいつも、ティガーが眠っているので何もすることができないと言ってきます。」

まったりする猫出典:flinderman76

リンダーマンさんがティガーを保護したのは、職場の駐車場のトラックの下でした。この時のティガーはとても幼く、まだ5週齢だったそうです。

リンダーマンさんはその日からティガーにミルクを飲ませて、一日中世話を続けました。夜は枕元にティガーのベッドを置いて見守り続けたそうです。「ティガーはとても寂しがり屋で、長い間放置されるのが嫌いです。私はどこに行く時も彼を連れて行きました。」

しかし、それはリンダーマンさんが父親にティガーを紹介した時から変わり始めました。

ベロ出し猫出典:flinderman76

「お父さんはいつも私の家を訪ねて来ると、ティガーを連れて帰ろうとしました。そしてある時、お父さんの家で1ヶ月間ティガーを預かってもらうと、ふたりは完全に結ばれました。私がティガーを引き取りに行くと、ティガーは自分の猫だとお父さんは言ってきました。」

リンダーマンさんはふたりの幸せそうな姿を見て、ふたりを引き離すことができなくなったそうです。「お父さんは動物好きで、いつも優しく接します。お父さんはティガーのために、サンポーチの隣に猫用の大きな囲いを作りました。お父さんはティガーのことが大好きで、いつもティガーのことを甘やかしています。」

くつろぐ猫出典:flinderman76

「お父さんは2年前に2週間ほど出張に出かけたことがありました。お父さんが出張から帰って来ると、1人でいるのが寂しかったようで、次は絶対にティガーと一緒に行くと言ってきました。どうやらお父さんはお母さんよりもティガーのことを一番に考えているようです。」

可愛い猫出典:flinderman76

「もしお父さんが働かなくてもよかったら、全ての時間をティガーと一緒に過ごしていることでしょう」とリンダーマンさんは話してくれました。

大好きな猫出典:flinderman76

こうして幼い頃に保護されたティガーは、新しい家で最高の家族に出会うことができました。ティガーはこれからもずっと、朝の抱っこを要求しながら、幸せな毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:flinderman76lovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう