人生に、もふもふを。

病気になった妹を必死に守る兄猫。片時も離れることなく寄り添い続け、危険な状態から救い出す!

0

ある日、1匹の野良猫が保護施設『フレンズウッド・アニマル・コントロール』にやって来ました。猫は妊娠中に他の動物と戦ったようで、足に怪我を負って感染症に苦しんでいました。施設のスタッフ達は猫を助けるためにあらゆることを試みましたが、残念ながら子猫を出産してから1週間後に息を引き取ったそうです。

母猫が亡くなった後、『マーティン』と『プーラ』と名づけられた2匹の子猫は、驚くほどの絆で結ばれました。2匹はお互いに寄り添い合い、常に一緒にいるようになったのです。

仲良しな子猫出典:Friendswood Animal Control

「2匹はいつも一緒にいて、どちらか一方だけが別の場所に行くことはありません。マーティンがいるところには必ずプーラがいて、プーラがいるところには必ずマーティンがいます。どちらかがケージを出ると、もう1匹も必ず後を追います」とスタッフのトロイさんは言いました。

そんなある日のこと、巨大なハリケーンが施設を襲いました。幸いにも建物が壊れることはありませんでしたが、停電で電気が止まり、猫部屋の温度が下がってしまいました。そして、その影響でプーラが風邪をひいてしまったのです。

守る子猫出典:Friendswood Animal Control

「マーティンはプーラが病気になったことにすぐに気づきました。マーティンはプーラを温めるために、彼女の上に覆い被さりました。マーティンはそれからプーラを噛んだり、レスリングをしたり、耳で遊んだりしなくなりました。さらにその場から全く動かなくなり、食べることも飲むこともしなくなりました。そのため私達はマーティンにスプーンでご飯を食べさせたり、水を飲ませる必要がありました。」

「そんなマーティンのおかげで、プーラは2日後には少しだけ元気を取り戻し、再びニューニャーと鳴き始めました。その声に気づいて様子を見に行くと、マーティンはプーラを守るために、私達のことを威嚇してきました。そんなに気が立っているマーティンを見るのは初めてだったため、私達はとても驚きました。」

マーティンはまだプーラが完全に回復していないことを知っていました。そのためプーラが完全に良くなるまで、全てのことからプーラを守ることを決心していたのです。

抱っこされる子猫出典:Friendswood Animal Control

幸いにもプーラは順調に回復していき、完全に健康な状態に戻ることができました。そして以前と変わらず、マーティンとプーラは一緒に遊び回って、抱き合うようになったのです。どうやら2匹はお互いのことを、自分の身体の一部のように思っているようです。

その後、マーティンとプーラは同じ里親さんの家へと旅立ち、今も一緒に暮らしているそうです。きっとこれから先もずっと、2匹が離れることはないでしょう。

マーティンとプーラの人生は決して平坦な始まりではありませんでしたが、今は新しい家を見つけて幸せな毎日を送っています。2匹はこれからもお互いの存在を確認し合いながら、幸せな毎日を送って行くことでしょう。
出典:Friendswood Animal Controlthedodo

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう