人生に、もふもふを。

6年間毎日、スーパーでお客さんを迎えてきた猫。天国へ旅立った後も、お客さんの心に笑顔を届け続ける

0

猫の『ブルータス』はイギリスのソルトニーにあるモリソンズ・スーパーマーケットへ6年間通い、お客さんを迎え続けてきました。ブルータスはいつも太陽が昇ると窓辺でくつろぎ、太陽が沈むとリサイクルビンの上でくつろいでいたそうです。

お店の猫出典:Sharon Edwards

ブルータスはお店にあるカートに乗るのが大好きでした。ある日、カートでペットフード売り場へ向かったブルータスは、お気に入りのキャットフードがどのくらい売れているかを調査していたそうです。

そんなお茶目なブルータスはお店の人気者です。「お客さんはみんなブルータスのことが大好きで、彼に会うために多くの人達がお店にやって来ました」と飼い主のクレア・オーエンズさんは言いました。

「ブルータスはいつも得意げな顔で、店内を威張りながら歩いていました。彼はお客さんに注目されるのが好きで、カメラで撮られるのが大好きでした。」

座る猫出典:Brutusthesaltneycat

みんなから愛されていたブルータスですが、2013年に難病の多発性嚢胞腎と診断されました。しかし、ブルータスにとっては完全にお店が第2の家になっていたため、その後もお店へ通い続けたのです。

人間好きのブルータスはお客さんと接している時が一番幸せそうでした。

寝る猫出典:Lesley Dickinson‎

しかし、1月16日。ブルータスは虹の橋を渡りました。

ブルータスの永眠を知ったお客さんから、クレアさんの元に多くのメッセージが届いたそうです。「あまりにも多くのメッセージが届いて、私は圧倒されました。ブルータスがどれほど多くの人達に愛され、喜びを与えていたのかを強く感じました。」

「お店にはブルータスが生きていた頃から肖像画が飾られていました。今ではそれがブルータスの記念碑になりました。来店したお客さんは今でも彼に挨拶することができます。そして、彼をいつも近くに感じることができるのです。」

座る猫出典:Annette Baskeyfield‎

ブルータスは困ったお客さんを助けることが大好きでした。

カートと猫出典:Deb Robertson‎

ブルータスはお客さんにたくさんの笑顔をプレゼントしてきました。

なでなでされる猫出典:Laura Kelter‎

そんな愛らしいブルータスは、お客さんの心の中で今も生き続けているのです。

幸せそうな猫出典:Brutusthesaltneycat

6年間毎日お店に通い、お客さんを迎え続けてきたブルータス。多くの人達に喜びを与え、心を癒し、元気を届けてきました。ブルータスはみんなから愛され、みんなを愛していたのです。

天国へと旅立ったブルータスですが、これからも毎日、肖像画の中からお客さんを迎え続けていくことでしょう。
出典:Brutusthesaltneycatlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう