人生に、もふもふを。

安楽死のために連れて来られた母猫。獣医さんが懸命に命を繋ぎ止めると、愛する子猫達との幸せな再会が待っていた!

0

今から約3週間前、保護施設に2週齢の子猫達がやって来ました。子猫達は24時間の世話が必要だったため、熱心な養育主のバーブさんが育てることになりました。

しかし、母猫の『チチ』は子猫達と一緒ではありませんでした。「チチは今までの生活環境のため、重い病気を患っていました。彼女は血栓に苦しんでいて、身体が麻痺していました。そのためチチを病院に連れて来た人は、彼女を安楽死させることを望みました」とバーブさんは言いました。

しかし、獣医さん達はそれを拒否しました。そして代わりにチチを、必ず健康な状態に戻すことを誓ったのです。

猫の親子出典:kitten_faces

一方の子猫達はバーブさんの家でしっかりと世話をされていました。バーブさんは子猫達の身体を冷やさないようにして、夜の間も2時間おきにミルクを飲ませ続けました。

子猫達はミルクを飲み終わると、いつも喉をゴロゴロと鳴らし始めて、バーブさんの膝の上で眠りにつくそうです。

鳴く子猫出典:kitten_faces

そんな中、母猫のチチが危険な状態を脱し、5日間でかなりの回復を遂げました。獣医さん達は猫の親子を再会させるために、チチを保護施設へと連れて行きました。

「親子が再会すると、すぐにチチが子猫達の状態を確認しました。そして、全ての子が綺麗にされていたことに満足していました。」

仲の良い猫の親子出典:kitten_faces

子猫達との再会を喜んだチチでしたが、病気を患った影響でミルクがほとんど出ませんでした。そのためチチはバーブさんと協力して子育てを続けました。

「私の任務はミルクを飲ませることで、チチの任務は授乳の補助と毛づくろい、そしてトイレの世話です。」

子猫達はお母さんと再会できたことが嬉しかったようで、幸せそうな姿を見せてくれました。しかし、チチの方は体調が万全ではなかったため、子育てを続けることができなくなってしまったのです。

幸せな猫の親子出典:kitten_faces

チチは非常に疲れて、ストレスを感じ、痛みを訴え始めました。そして、ついに子育てができなくなり、多くの休憩を取るようになりました。

チチはもうミルクが出なくなっていて、脱水症状を起こし、上気道感染症を患っていました。そのため再び獣医さんのところへと戻ることになったのです。

猫の親子のミルクタイム出典:kitten_faces

「危険な状態を何とか乗り越えたチチでしたが、彼女には十分な休息が必要でした。今後、彼女の体調が回復したら、里親さんを見つけて、安全な場所で過ごすことになるでしょう。」

猫のお母さん出典:kitten_faces

とても短い時間でしたが、チチはバーブさんのことを信頼し、子育てを一緒にできたことを嬉しく思っているようでした。こちらは大切な子猫達に愛情を注ぐチチの姿です。(動画)

Barb, Kitten Momさん(@kitten_faces)がシェアした投稿

チチが病院に戻った後も、バーブさんの子育ては続きました。途中で病気を患った子もいましたが、最終的には全員が食欲を取り戻すことができたそうです。

子猫達出典:kitten_faces

子猫達は少しずつですが、確実に体重を増やしていきました。そして歩けるようになると、部屋の中を元気に探索するようになったそうです。また、子猫達は自分でトイレもできるようになりました。

可愛い子猫達出典:kitten_faces

そんな子猫達にバーブさんは離乳食を食べさせ始めました。伸び盛りの子猫はたくさんのご飯を食べようと、容器を独り占めすることもあったそうです。 (動画)

Barb, Kitten Momさん(@kitten_faces)がシェアした投稿

現在、4匹の子猫達はバーブさんのおかげで元気な毎日を過ごしています。子猫達は今の生活に幸せを感じているようで、いつもバーブさんに寄り添いながら、幸せそうに喉を鳴らし続けているそうです。

可愛い子猫出典:kitten_faces

こうして死の淵を彷徨っていたチチは、獣医さん達のおかげで元気を取り戻し、再び子猫達を育てることができました。それはとても短い期間だったかもしれませんが、チチは自分が持っている全ての愛情を子猫達に注いだのです。

子猫達がもう少し成長したら里親さんの元へと旅立って行きますが、チチやバーブさんにもらった愛情は、子猫達の心の中にいつまでも残り続けることでしょう。
出典:kitten_faceslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう