人生に、もふもふを。

子猫サイズで成長が止まった猫。迎えてくれた女性に愛情を感じ、とっても愛らしい姿を見せてくれた (*´ω`*)

0

今から数ヶ月前のこと、ニュージーランドのロワーハットにある保護施設『Kitten Inn』に姉妹と思われる2匹の成猫と、数匹の子猫が運ばれて来ました。

その中に『ウィドル』と名づけられた子猫がいたのですが、ウィドルは子猫達の中で一番小さく、6週齢にも関わらず4週齢ほどの大きさしかありませんでした。

座る子猫出典:instagram.com

ウィドルは保護施設を出て、動物病院の看護師で養育ボランティアをしているジェシーさんの家に預けられました。ウィドルはとても社交的な性格だったため、すぐにジェシーさんに好意を持って、肩の上が大好きな場所になったそうです。

寄り添う猫出典:instagram.com

「私はウィドルを数ヶ月間育てましたが、彼はほとんど成長しませんでした。他の子猫達は普通に成長して、新しい家を見つけるために保護施設へと戻って行きました」とジェシーさんは言いました。

「ウィドルの身体は小さいままだったため、私の家に留まり続けました。そして自然と私の心に入り込んできました。」

温まる子猫出典:instagram.com

ある日、ウィドルは家の中で暖かいアダプターを見つけました。ウィドルはそれがとても気に入ったようで、いつも幸せそうにくっついていたそうです。

丸くなる子猫出典:instagram.com

ウィドルが初めて家に来た時は、兄弟の2/3くらいの大きさでした。しかし、12週目を迎えた頃には、兄弟の大きさの半分ほどしかなかったそうです。

見上げる子猫出典:instagram.com

ジェシーさんと医療チームは、ウィドルの成長が遅い原因を突き止めようとしていますが、まだ原因はつかめていないそうです。

一方のウィドルは日々の暮らしにとても満足しているようで、いつも家の中を元気に走り回っているそうです。

ナデナデ子猫出典:instagram.com

そんな身体の小さなウィドルですが、好奇心が旺盛で、気になったものを見つけるとすぐに突撃してくるそうです。

見つめる子猫出典:instagram.com

またウィドルはジェシーさんが勤務する動物病院を訪れるたびに、スタッフ全員の肩に乗って『猫の手』を貸してくれるそうです。

こちらは通話中のスタッフの肩に乗るウィドルの姿です。

肩乗り子猫出典:instagram.com

「ウィドルは私達と一緒に働くのが大好きです。彼はもう私達の仕事仲間です。みんなと仲良くなったウィドルは、スタッフ達に有無を言わさず、肩の上を支配しています。」

肩好き子猫出典:instagram.com

そんな可愛いウィドルのために、ジェシーさんは折り紙の兜をプレゼントしました♪

カブト子猫出典:instagram.com

ウィドルは現在17週齢ですが、体重はまだ7週齢の子猫くらいだそうです。

持たれる子猫出典:instagram.com

でもウィドルはとっても健康で、いつも元気いっぱいです!

見つめる子猫出典:instagram.com

ウィドルはその愛らしい姿で、ジェシーさんの心を完全に支配しました。ジェシーさんはすっかりウィドルを手放せなくなり、正式に家族に迎えることにしたそうです。

くつろぐ子猫出典:instagram.com

「ウィドルは毎日を楽しそうに過ごしていて、いつも愛情に溢れています。彼は私の誇りで、最高の喜びです」とジェシーさんは嬉しそうに話してくれました。

座る子猫出典:instagram.com

こちらはボスのように椅子に座るウィドルの姿です♪ (動画)

こうして身体の成長が止まったウィドルは、優しいジェシーさんのおかげで、何不自由ない生活を送ることができました。ウィドルは永遠に子猫のままかもしれませんが、その小さな身体の中には、愛情に満ちた大きな心が存在しているのです(*´ェ`*)

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう